年齢別のドッグフード

【要チェック】子犬に合うドッグフードとは

投稿日:

1. 子犬に合うドッグフードとは?

まず、子犬に食べさせるドッグフードを選ぶうえで最も大切なポイントは、使用している原材料の品質の高さです。

値段が安いドッグフードの中には死んだ家畜の肉や、普段は捨ててしまうような肉の副産物を使っているものも多いため、人間が食べられるヒューマングレードの原材料にこだわったフードを選ぶようにしましょう。また、人工的に合成した着色料や香料、調味料なども避けた方が良いでしょう。質が悪く危険性のある原材料を使ったフードを食べさせてしまうと、子犬の小さな体に悪いものがどんどん蓄積していき、病気やアレルギーなどを発症するリスクが高くなります。

そして、子犬は体がどんどん大きくなっていきますので、骨や筋肉を丈夫にするたんぱく質をたっぷり摂る必要があります。新鮮な肉や魚をたっぷり配合していて、良質なたんぱく質が豊富に含まれているドッグフードを選ぶようにしましょう。一方で米やとうもろこしなどの穀物は、皮膚炎や下痢などのアレルギーを引き起こす恐れがありますので、グレインフリーのドッグフードがおすすめです。肉の種類によってもアレルギーを起こす可能性があるため、1種類のフードを長期間与え続けるのではなく、数種類をローテーションして食べさせる方法も効果的です。

2. モグワンがNo1におススメな理由とは

モグワン

モグワンは、イギリスの高級ドッグフードのカナガンのスタッフが、カナガンよりもさらに嗜好性を高めて食いつきが良くなるように開発されました。子犬の頃は、食べムラや好き嫌いが出やすい時期なので、美味しいフードを食べさせることによって、ご飯の時間を楽しみに待つようになります。
【安全性徹底分析】モグワンのドッグフードの詳細はこちら

2.1 理由① ヒューマングレードの原材料で無添加

モグワンに使用されている原材料は、全て人間が食べることを基準に生産されたものばかりです。出来るだけ自然に近い素材だけを使うことにこだわっているので、合成の添加物は使用せずに天然のビタミンEで酸化を防いでいます。

2.2 理由② 良質な動物性タンパク源をたっぷり配合

モグワンには、新鮮なチキンやサーモンが全体の50%以上も配合されています。チキンは脂肪分が少なく、ビタミンやセレンなどの栄養を豊富に含んでいますし、サーモンはアレルギーを起こしにくく、DHAやEPAなどが含まれています。

2.3 理由③ グレインフリー

モグワンには、小麦やとうもろこしなどの穀物は一切使われていません。炭水化物源としてサツマイモが入っていますが、腹持ちがよく腸内環境を良くする食物繊維を豊富に含んでいます。

3. オリジンパピーがNo2におススメな理由とは

オリジンパピー

オリジンは、生物学的に適正なドッグフードを目指して開発されていて、新鮮な肉類をふんだんに使用している高たんぱく質のフードです。毎年数々の賞を受賞していて、世界的にも高い評価を受けています。

3.1 理由① 肉類が80%も配合されている

オリジンパピーには、放し飼いされた鶏肉や七面鳥肉、巣に産み落とされた卵、天然のウォールアイやニシンなどの動物性タンパク源が、全体の80%も配合されています。原材料は全て地元で入手したものを新鮮な状態で加工しています。

3.2 理由② 炭水化物を低く抑えている

自然界の犬の食事には、炭水化物はほとんど含まれていなかったことから、オリジンは穀物やジャガイモを使用していません。炭水化物量は、一般的な子犬用のフードと比べると半分ほどしか入っていません。

3.3 理由③ ヒューマングレードの原材料で無添加

オリジンに使用している原材料は、人間用の基準をクリアしたものです。合成の添加物など余計なものを使わなくても、食材そのものが新鮮で高品質なので、子犬が必要とする栄養素をしっかり供給することができるのです。

4. ソルビダがNo3におススメな理由とは

ソルビタ

ソルビダは厳しい基準をクリアしたオーガニック食材をふんだんに使い、最新のペット栄養学に基づいて開発されたドッグフードです。ソルビダの室内飼育子犬用は、子犬の成長に必要な栄養素をしっかり配合しています。
【安全性徹底分析】ソルビダのドッグフードの詳細はこちら

4.1 理由① 添加物は一切使用していない

オーガニックの素材にこだわっているだけあって、保存料や着色料などの添加物はもちろん使用していません。犬の体に有害なものが一切入っていないので、毎日食べ続けられる安全なフードです。

4.2 理由② 嗜好性が高い

オーガニックの素材は、化学肥料や農薬を使っていない分エネルギーに満ち溢れていて、素材本来の旨みを味わうことができます。調味料や香料を使っていなくても、ワンちゃんが夢中になって食いつく美味しさです。

4.3 理由③ 理想的な栄養バランス

オーガニックの素材は、農薬を使用したものに比べて栄養価も豊富です。ソルビダは最新のペット栄養学をもとに、20種類以上の原材料を使って子犬の成長に理想的な栄養バランスを実現しています。

5. まとめ

子犬の頃は特に可愛らしいので、おやつや人間が食べているものなどをつい与えたくなってしまうという飼い主さんも多いと思います。しかし余計なものを一切与えずドッグフードだけで満足させることは、スムーズにしつけを行う上でも大切なことです。そして何より、子犬の頃に食べるものはその子の一生を左右すると言っても過言ではありません。初めからしっかりと栄養のある高品質なドッグフードを食べておけば、年齢を重ねても丈夫な体を保つことができます。

編集部オススメのドックフード

モグワン

こちらは、新鮮なチキンやサーモンの生肉など良質な動物性たんぱく質を全体の50%以上も使用しています。厳選した原材料を出来るだけ自然のまま使うことにこだわっていて、家庭で手作りするようなシンプルなレシピで仕上げています。添加物は一切使用せず、人工的な香料を使わなくても食欲をそそる香りがして、ワンちゃんが夢中になって食いつく美味しさを実現しています。

カナガン

カナガンはイギリス産の新鮮なチキンの生肉など動物性たんぱく質を全体の60%も使用したプレミアムフードです。原材料は全て人間が食べられる品質にこだわっていて、無添加でしかもグレインフリーなので、犬にとってはまさに理想的なフードと言えます。世界的に動物愛護の国として知られるイギリスで80%以上のリピート率を誇り、多くの愛犬家から支持されています。

ネルソンズ

こちらはイギリスのトップブリーダーが自分の愛犬の健康を考えて開発したドッグフードで、合成添加物や肉の副産物、遺伝子組み換え食品などは一切使用していません。グレインフリーで新鮮なチキンを全体のおよそ半分も使用しているため、高たんぱく低炭水化物の理想的な栄養バランスになっています。良質なたんぱく質は筋肉や骨を発達させ、サーモンオイルは艶やかな毛並みを作りますので、ワンちゃんの健康維持はもちろん見た目の美しさにもこだわりたい飼い主さんにおすすめです。

-年齢別のドッグフード

Copyright© わんわん部 , 2021 All Rights Reserved.