症状別のドッグフード

【要チェック】吐きやすいワンちゃんに合うドッグフードとは

投稿日:

1. 吐きやすいワンちゃんに合うドッグフードとは?

嘔吐する犬

犬が食べたものや胃液などを吐くのは、それほど珍しいことではありません。しかし中には消化器系の病気が隠されている可能性もありますので、念のため注意が必要です。特に何度も嘔吐を繰り返したり、吐いたものに血が混じっていたり、下痢や発熱など他の症状があったりするような場合は、早めに病院で診てもらいましょう。

病気以外に吐いてしまう原因としては、単なる食べ過ぎや早食いなどです。急いで食べると、胃がびっくりして吐きやすくなるため、食欲が旺盛で早食いしてしまうワンちゃんには、少量ずつに分けて食べさせると良いでしょう。また、犬種や体質によってもともと胃腸が弱く、吐きやすいワンちゃんもいます。

胃腸が弱いワンちゃんにおすすめなのは、穀物や添加物を使用していないフードです。犬は肉食動物なので穀物を消化するのが苦手ですし、人工的に合成した保存料や香料などの添加物も消化器官に負担をかけやすいのです。もし吐いてしまったら、しばらく胃を休ませる必要がありますので、半日から1日食事をお休みして絶食させます。ただしお腹が空きすぎても胃酸が多くなりすぎて、黄色い胆汁を吐いてしまうこともあります。

胆汁を吐きやすいワンちゃんは、空腹の状態をなるべく作らないように、サツマイモなど腹持ちが良い素材を使ったフードを選んであげると良いでしょう。また、特定のフードを食べると吐いてしまう場合は、食物アレルギーの可能性が高いです。その場合は病院でアレルギー検査をすれば、どの原材料にアレルギーを起こしているのかが分かります。ドッグフードを選ぶ際には、アレルゲンになりやすい原材料を避けているものを選ぶと安心です。

2. カナガンがNo1におススメな理由とは

カナガン

カナガンはペット先進国イギリスで最高評価を受けているプレミアムフードで、人間が食べられるほど質の良い原材料だけを使っています。長年の研究で編み出された絶妙な配合バランスになっているため、胃腸の弱いワンちゃんも安心して食べることができます。
【安全性徹底分析】カナガンのドッグフードの詳細はこちら

2.1 理由① グレインフリーで無添加

カナガンは新鮮なチキンがふんだんに使用されていて、穀物は一切含まれていません。人工的に合成した保存料や着色料などの添加物も使用していませんので安全性の高いフードなのです。

2.2 理由② サツマイモを使用している

サツマイモは消化が良く、ゆっくりと時間をかけて消化されるため、空腹感を感じにくくなります。食後の血糖値の乱高下を抑えられるため、糖尿病などのリスクも減らせます。

2.3 理由③消化を助ける素材が入っている

カナガンには、果物やハーブなど自然の恵みがたくさん入っています。中でもリンゴは食物繊維が豊富で、腸内環境を改善してくれます。フラクトオリゴ糖も、腸内の善玉菌の栄養となって善玉菌を増やす効果があります。

3. ピナクルがNo2におススメな理由とは

ピナクル

ピナクルはアメリカ産のドッグフードで、たんぱく質と炭水化物にこだわったスペシャルフードです。厳選した原料にこだわっているため、オイルコーティングの必要がなく、フードの粒がサラサラしているのが美味しさの証です。
【安全性徹底分析】ピナクルのドッグフードの詳細はこちら

3.1 理由① グレインフリーでグルテンフリー

ピナクルには小麦や大豆、とうもろこしなどの穀物が一切使用されていません。またそれらの炭水化物に含まれるグルテンについてもアレルゲンになりやすいと言われているため、グルテンを出来る限り含んでいないサツマイモなどを使っています。

3.2 理由② 食物アレルギーに配慮している

穀物だけでなく、肉類にアレルギーを起こすワンちゃんもいます。ピナクルは、動物性タンパク源を5種類から選べるようにしているため、食べられるフードがなかなか見つからないというワンちゃんにおすすめです。

3.3 理由③ 消化しやすい肉類を使用している

ピナクルに使われているチキンは、調理後に即冷凍しものを使っているため、栄養と旨みが凝縮していて、通常のブロイラーのチキンよりもはるかに消化吸収に優れています。ターキーも消化しやすいたんぱく源で、新鮮な生肉を使うことで嗜好性も抜群です。

4. フラペがNo3におススメな理由とは

フラペ

こちらはイギリス産のドッグフードで、世界的にも高い知識を持つ動物栄養管理士と一緒に、犬が必要とする100%の栄養バランスのレシピを元にこだわって作られています。原材料はイギリス産の新鮮なものだけを使っていて、肉類は最高で75%も配合されています。

4.1 理由① グレインフリーで無添加

フラペには、とうもろこしや小麦などの穀物は一切使われていません。肉の副産物や人工的に合成した香料、BHAやBHT、化学物質など、犬の体にとって有害になる可能性が高いものは使用していません。

4.2 理由② 腸内環境をよくして消化を助ける

フラクトオリゴ糖やマンナンオリゴ糖が配合されていて、消化を助けて腸内環境を健やかに保つ作用があります。また調理の最終工程で善玉菌を混ぜていて、食物繊維と一緒になることによって胃腸の働きを正常にします。

4.3 理由③ 素材が生きる製法

フラペは低温でじっくり時間をかけて調理することによって、素材本来の栄養素を損なうことなく、生きたまま配合しています。一つの製品に多くの素材を混ぜすぎないようにしているため、素材の旨みも生きています。

5. まとめ

一般的に何種類かのフードをローテーションすると、アレルギーを起こしにくいと言われていますが、胃腸が弱く吐きやすいワンちゃんには不向きです。胃腸が弱い子は、新しいフードに替えただけでもストレスを感じてしまうため、胃に負担がかかり吐いてしまうということもあるからです。また、フードが酸化してしまったりするのも吐きやすくなる原因のひとつです。開封後は出来るだけ空気に触れないように密閉し、早めに消費するようにしましょう。

編集部オススメのドックフード

モグワン

こちらは、新鮮なチキンやサーモンの生肉など良質な動物性たんぱく質を全体の50%以上も使用しています。厳選した原材料を出来るだけ自然のまま使うことにこだわっていて、家庭で手作りするようなシンプルなレシピで仕上げています。添加物は一切使用せず、人工的な香料を使わなくても食欲をそそる香りがして、ワンちゃんが夢中になって食いつく美味しさを実現しています。

カナガン

カナガンはイギリス産の新鮮なチキンの生肉など動物性たんぱく質を全体の60%も使用したプレミアムフードです。原材料は全て人間が食べられる品質にこだわっていて、無添加でしかもグレインフリーなので、犬にとってはまさに理想的なフードと言えます。世界的に動物愛護の国として知られるイギリスで80%以上のリピート率を誇り、多くの愛犬家から支持されています。

ネルソンズ

こちらはイギリスのトップブリーダーが自分の愛犬の健康を考えて開発したドッグフードで、合成添加物や肉の副産物、遺伝子組み換え食品などは一切使用していません。グレインフリーで新鮮なチキンを全体のおよそ半分も使用しているため、高たんぱく低炭水化物の理想的な栄養バランスになっています。良質なたんぱく質は筋肉や骨を発達させ、サーモンオイルは艶やかな毛並みを作りますので、ワンちゃんの健康維持はもちろん見た目の美しさにもこだわりたい飼い主さんにおすすめです。

-症状別のドッグフード

Copyright© わんわん部 , 2021 All Rights Reserved.