ドッグフードフードの選び方

ドッグフードを選ぶ基準について解説

投稿日:

ドッグフードを選ぶ基準について解説

愛犬にとって安心、安全なドッグフードはどんな基準で選べばよいのでしょうか?

大切な家族である愛犬に少しでも長生きしてもらうためには、よいドッグフードを選ぶ必要があります。ここではどんなドッグフードを選べばよいのか、避けた方がいいドッグフードにはどんなものがあるのかを解説します。

4D材料が入っていないか

4D材料、聞きなれない言葉ですが「DEAD、DISEASED、DYING、DISABLED」のこと。
それぞれ次のような意味があります。

単語 意味
DEAD 屠殺ではなく死亡した動物の肉
DISEASED ガンや感染症で死亡した動物の肉
DYING 衰弱した死亡間近な動物の肉
DISABLED 障害のあった動物の肉

もちろん、このような肉が人間の口に入ることはありません。しかし、肉を廃棄するのにもお金がかかります。そこで、業者はタダ同然で4Dミートを引き取りドッグフードに使用しているのです。

4Dミートには感染症で死亡した動物の肉も混じっています。ドッグフードを食べることで病気に感染する危険は高くないかもしれませんが、できれば避けた方が良いでしょう。なかには、動物実験で使われたマウス、殺処分された犬、猫の肉も含まれる場合もあります。ホルモン剤や抗生物質が残留した動物の肉はヒューマングレードではありませんので、ペットフードに使用されることもあります。このような原材料を使用しているドッグフードを愛犬に食べさせるのは、躊躇しますね。

ドッグフードによっては原材料に「チキンミール」「ビーフミール」が使用されているものもあります。これらは副産物と呼ばれ鶏の「骨、内臓、羽毛、血液、脂」、牛や豚の場合は「内臓(非食用)、骨、脂、皮、血液」などを指しています。このような部位は、通常食べることはありませんね。

安価なドッグフードには4Dミートや副産物を使用したものが多いと考えられます。くれぐれも、安いからという理由だけでペットフードを選ばないようにしましょう。「チキンパウダー」「動物性油脂」という表記のあるペットフードにも注意が必要です。チキンのどの部位の肉なのか、どのような動物の油脂なのかが曖昧ですね。

危険性の高い添加物が入っていないか

安価なドッグフードには危険な添加物(保存料、着色料、酸化防止剤等)が使用されています。中には人間に使用することが認められていないものも・・・。人間よりも体の小さな愛犬には添加物が強く作用する可能性があります。このような添加物が入っていないドッグフードを選んであげてくださいね。

酸化防止剤 内容
エトキシキン 日本では使用が認められていない強い酸化防止剤。海外のドッグフードに使われている場合がある。
BHA ガソリン用の酸化防止剤、マウスを使った実験では投与直後に歩行困難となり死亡。ぼうこうガン、甲状腺ガンを誘発すると言われている。
BHT 石油用の酸化防止剤、ガンを誘発する可能性がある危険な物質。
着色料 内容
赤色3号 タール色素。発ガンリスクがある
赤色40号 タール色素。アレルギーを発症する可能性がある。
赤色102号 タール色素。発ガン、アレルギーを誘発する可能性がある。
赤色105号 タール色素。発ガン、遺伝子異常を引き起こす可能性あり。
青色2号 タール色素。発ガン、けいれんを起こす可能性あり。
甘味料 内容
ソルビトール ブドウ糖から合成される糖アルコールの一種。
キシリトール 犬には絶対与えてはいけない食材。中毒症状を引き起こす。(体重10kgの犬が1gのキシリトールを摂取した場合は獣医の診察を受けること。)
犬用ガムに使用されている場合があるので要注意。
グリシリジン・アンモニエート 人間への使用は認められていない。
ビートパルプ サトウダイコンの絞りかす。摂取しすぎると便秘になる。
コーンシロップ 犬の膵臓、腎臓に悪影響を与える。
その他の添加物 内容
亜硝酸ナトリウム 発色剤、肉類に含まれるアミンと化学反応を起こすと発ガン性物質が発生する。
プロピレングリコール 保湿剤として使用されている。アレルギー反応、腸閉塞の原因となることがある。
ソルビン酸カリウム 保存料、亜硝酸ナトリウムと反応して発ガン性物質を発生させる。

安価なドッグフードは添加物が使われている場合が多いので、購入前にどんな成分が使用されているのかを確認してみましょう。なお、プレミアムドッグフードにはビタミンE、ビタミンE由来のトコフェロール、ローズマリーから抽出された酸化防止剤が使用されています。

グレインフリー

グレインフリーとは、穀類を使用していないドッグフード。グルテンフリーのドッグフードもありますが、こちらはグルテンを使用していないものです。グルテンとは穀物から生成されるタンパク質のこと。どちらもほとんど同じと考えてよいでしょう。安価なドッグフードには、かさを増すため、あるいはつなぎに「トウモロコシ、小麦粉、コーングルテンミール」などが使用されています。メインの材料が穀物というドッグフードも珍しくありません。

それでは、なぜ穀物を犬に与えるのは良くないのでしょうか。

もともと肉食動物である犬は穀物の消化酵素「アミラーゼ」を人間ほどたくさん持っていません。つまり、穀物からは栄養分を十分に消化吸収できないということです。さらに、穀物は過剰摂取すると「太る、アレルギーを起こす、消化不良になる」などの症状を引き起こします。穀物の中でも、とくに小麦はアレルギーを引き起こしやすい食品と言われています。愛犬に「ドッグフードを食べた後に吐いてしまう。下痢をする。湿疹や皮膚炎が治りにくい」などの症状が現れたら、アレルギーかもしれません。その場合はグレインフリー、グルテンフリーのドッグフードに変えてみましょう。

小麦アレルギーを起こしやすい犬種は「チワワ、フレンチブルドッグ、ダックスフント」と言われています。これらの犬種を飼っている方はとくに気をつけてあげてくださいね。

 

編集部オススメのドックフード

モグワン

こちらは、新鮮なチキンやサーモンの生肉など良質な動物性たんぱく質を全体の50%以上も使用しています。厳選した原材料を出来るだけ自然のまま使うことにこだわっていて、家庭で手作りするようなシンプルなレシピで仕上げています。添加物は一切使用せず、人工的な香料を使わなくても食欲をそそる香りがして、ワンちゃんが夢中になって食いつく美味しさを実現しています。

カナガン

カナガンはイギリス産の新鮮なチキンの生肉など動物性たんぱく質を全体の60%も使用したプレミアムフードです。原材料は全て人間が食べられる品質にこだわっていて、無添加でしかもグレインフリーなので、犬にとってはまさに理想的なフードと言えます。世界的に動物愛護の国として知られるイギリスで80%以上のリピート率を誇り、多くの愛犬家から支持されています。

ネルソンズ

こちらはイギリスのトップブリーダーが自分の愛犬の健康を考えて開発したドッグフードで、合成添加物や肉の副産物、遺伝子組み換え食品などは一切使用していません。グレインフリーで新鮮なチキンを全体のおよそ半分も使用しているため、高たんぱく低炭水化物の理想的な栄養バランスになっています。良質なたんぱく質は筋肉や骨を発達させ、サーモンオイルは艶やかな毛並みを作りますので、ワンちゃんの健康維持はもちろん見た目の美しさにもこだわりたい飼い主さんにおすすめです。

-ドッグフードフードの選び方

Copyright© わんわん部 , 2021 All Rights Reserved.