ドッグフードフードの選び方

編集部がオススメするドッグフードとは

投稿日:

編集部がオススメするドッグフードとは

ドッグフードは、値段が高いものから安いものまで種類がたくさんあり過ぎて、何を基準に選んだらよいのか分からないという飼い主さんも多いと思います。

ここでは、これまで世界各国のドッグフードを分析してきた編集部が、良いドッグフードを選ぶ際に基準にしているポイントと、これさえ選べば間違いないというおすすめのドッグフードをご紹介します!

編集部がドッグフードを判断する基準

(1). 4D材料が入っていないか

4Dとは、ドッグフードに使用されている粗悪な肉類を表す業界用語です。

具体的には、すでに死んでいたり病気にかかっていたりなど品質に問題がある肉です。英語で表すとDying(死にそうな)、Dead(すでに死んだ)、Diseased(病気にかかっている)、Disabled(何らかの障害がある)となるため、それぞれの頭文字をとって4Dミートなどと呼ばれています。

なぜそんな粗悪な肉がドッグフードに使われているのかというと、原材料のコストを抑えるためです。もちろん人間は食べることができませんし、ワンちゃんの体にとっても悪影響を与える可能性があります。しかし市販されているドッグフードの原材料を見ても、正直に4Dミートを使用していると記載しているものはありません。値段が安すぎるドッグフードは出来るだけ避けて、どんな品質の肉を使用しているかをはっきり明記しているものを選ぶようにしましょう。

(2). 危険性の高い添加物が入っていないか

多くのドッグフードには、人工的に合成した保存料や着色料、香料などの添加物が使用されています。しかし、合成の添加物はワンちゃんの消化器官に負担をかけ、さまざまな病気を引き起こす可能性があります。

例えばBHAやBHTなどの酸化防止剤は発がん性が指摘されていて、長期的に摂取するのは危険な成分です。ペット安全法により使用量は制限されていますが、完全に使用が禁止されたわけではないので、これらの成分が入ったドッグフードは普通に売られているのです。ドッグフードを選ぶ際には、こうした危険な添加物が入っていないかきちんと確かめる必要がありますし、添加物を一切使用していない無添加フードを選ぶのが一番安心です。

(3). グレインフリーであるか

市販のドッグフードには、小麦やトウモロコシ、大豆などの穀物が多く使用されています。しかし犬は野生で暮らしていた頃に草食動物を捕らえて食べており、本来は肉食動物なのです。

犬の体は肉を消化吸収しやすいように出来ていて、穀物を消化する酵素は持っていません。ですから穀物を食べると消化不良を起こして、下痢やおう吐、皮膚疾患などのアレルギーを発症しやすくなります。ですからドッグフードを選ぶ際には、穀物を使用していないグレインフリーがおすすめなのです。

まとめ

市販のドッグフードは、原材料の産地やどんな品質のものを使っているのかをはっきり表示していないものが多くあります。家族同然に大切にしている愛犬に、何が入っているのかよく分からないドッグフードを食べさせるなんてちょっと怖いですよね。

ドッグフードの原材料の質は、ワンちゃんの寿命にもかかわる大きな問題です。ぜひ「これならうちのコに安心して食べさせられる」と胸を張って言えるような、高品質なドッグフードを選んであげましょう。

編集部オススメのドックフード

モグワン

こちらは、新鮮なチキンやサーモンの生肉など良質な動物性たんぱく質を全体の50%以上も使用しています。厳選した原材料を出来るだけ自然のまま使うことにこだわっていて、家庭で手作りするようなシンプルなレシピで仕上げています。添加物は一切使用せず、人工的な香料を使わなくても食欲をそそる香りがして、ワンちゃんが夢中になって食いつく美味しさを実現しています。

カナガン

カナガンはイギリス産の新鮮なチキンの生肉など動物性たんぱく質を全体の60%も使用したプレミアムフードです。原材料は全て人間が食べられる品質にこだわっていて、無添加でしかもグレインフリーなので、犬にとってはまさに理想的なフードと言えます。世界的に動物愛護の国として知られるイギリスで80%以上のリピート率を誇り、多くの愛犬家から支持されています。

ネルソンズ

こちらはイギリスのトップブリーダーが自分の愛犬の健康を考えて開発したドッグフードで、合成添加物や肉の副産物、遺伝子組み換え食品などは一切使用していません。グレインフリーで新鮮なチキンを全体のおよそ半分も使用しているため、高たんぱく低炭水化物の理想的な栄養バランスになっています。良質なたんぱく質は筋肉や骨を発達させ、サーモンオイルは艶やかな毛並みを作りますので、ワンちゃんの健康維持はもちろん見た目の美しさにもこだわりたい飼い主さんにおすすめです。

-ドッグフードフードの選び方

Copyright© わんわん部 , 2021 All Rights Reserved.