ドッグフードフードの選び方

正しいドッグフードの選び方

投稿日:

1. 正しいドッグフードの選び方とは

ドッグフードって値段の安いものから高いものまで種類がたくさんあり過ぎて、どれを選んだらよいか正直なところよくわからないですよね。ドッグフードを選ぶ際、チェックしなければいけないポイントはたくさんありますが、やはりどんな原材料が使われているのかをきちんとチェックすることが大切です。

まずチェックすべきポイントが原材料の質です。大切な愛犬に食べさせるごはんは、人間が食べられるくらい安全なものが良いに決まっていますよね。原材料はヒューマングレードやオーガニックの素材を使用しているものが理想的です。それから原材料は配合量が多い順に記載されているため、肉類が最初に記載されているものが望ましいです。ただし同じ肉類でも「〇〇ミール」と書かれているものは、粗悪な原材料が使用されている可能性があるため、出来れば新鮮な生肉が理想的です。

反対に、米や小麦、とうもろこしなどの穀物が多く含まれているフードは、おススメできません。犬は肉食動物なので、穀物を消化しづらくアレルギーの原因になりやすいのです。ですから「グレインフリー(穀物不使用)」という記載があるフードを選ぶと良いでしょう。

他にも、人工的に合成した保存料や着色料などを使用しているものは避けたいので「無添加」のフードがおすすめです。まとめると①安全で高品質な原材料を使用しているか②肉類の割合が多いか②穀物や添加物を使用していないか、という点をクリアしているドッグフードを選ぶと良いということになります。

2. カナガンがNo1におススメな理由とは

カナガン

ペット先進国のイギリスで生まれたカナガンドッグフードは、高品質な原材料を使用し、犬にとって理想的な栄養バランスを実現した最高級フードです。多くの愛犬家から高い評価を受けていて、数あるドッグフードの中でも最もおススメできる逸品です。

2.1 理由① 第一主原料が肉類

カナガンには、広い敷地でたっぷり運動しながら育てられたイギリス産のチキンが豊富に使われています。しかも新鮮な生肉を使用していますので、香りが良くワンちゃんが夢中になる美味しさです。チキンにはたんぱく質をはじめ、ビタミンやリン、セレンなど栄養も豊富に含まれています。

2.2 理由② 原材料は全てヒューマングレードで無添加

カナガンにはチキンのほか、野菜や果物、海藻、ハーブなどの天然素材が使われています。これらは全て人間が食べられるほど品質の高いものなので、素材が持つエネルギーをワンちゃんの健康維持にしっかり役立てることができるのです。人工の添加物も一切使用していませんので、安全性も申し分ありません。

2.3 理由③ グレインフリー

カナガンはチキンの配合量が多いので、犬にとって必要のない穀物を使っていません。穀物に代わる炭水化物源としては、サツマイモを使用しています。サツマイモは、ゆっくりと時間をかけて消化されるため食後の血糖値を安定させ、体に負担をかけにくい理想的な食材です。

3. アーガイルディッシュがNo2におススメな理由とは

アーガイルディッシュ

こちらは、オーガニックの野菜や肉などがふんだんに使われているドッグフードで、原材料がオーガニックだというだけでなく、完成した製品そのものも、オーストラリアでオーガニック認証を受けています。さまざまなラインナップがありますが、最もおすすめなのがグレインフリーのグレヴィレア・アダルトです。

3.1 理由① 安全でヘルシーな魚や肉を使用している

グレヴィレア・アダルトの主原料は、オーストラリアンマッカレル(サワラ)やテイラー(アミキリ)、エミュー肉などです。魚は、生育する過程で成長ホルモン剤や抗生物質などの化学薬品を使わないので、安全なたんぱく源です。エミュー肉は高タンパク低カロリーで、脂肪率は牛の1/3ほどしかなく鉄分を豊富に含んでいます。

3.2 理由② 日本で暮らすワンちゃん向けに作られている

アーガイルディッシュは、日本のワンちゃんの生活環境などを考慮して特別に作られています。ドッグフードの栄養は多すぎても犬の体に負担をかけてしまうため、動物栄養学の専門家とともに①MIDDLEたんぱく ②LOW脂肪 ③MIDDLEカロリーという日本オリジナルの栄養バランスで設計されています。

3.3 理由③ チアシードを配合

シソ科の植物の種子であるチアシードはオメガ3やオメガ6などの必須脂肪酸をバランスよく含んでいて、犬の皮膚を健やかに保つなどの効果が期待できます。食物繊維も豊富なので、腸内環境を良好に保つことができます。

4. オリジンがNo3におススメな理由とは

オリジン

オリジンは、新鮮でバラエティに富んだ肉を丸ごと使用するなどして、本来肉食動物である犬がかつて自然界で食べていた食事を再現しているドッグフードです。毎年数々の賞を受賞しており、世界的に高い評価を受けています。

4.1 理由① 新鮮で良質な肉類が原材料の大半を占めている

オリジンオリジナルを例に挙げると、肉や魚などの動物性タンパク源が原材料の85%も配合されています。放し飼いされた新鮮鶏肉や七面鳥肉、天然魚や巣に産み落とされた卵などが使われていて、たんぱく質をはじめとして、犬が必要とする栄養素を豊富に含んでいます。

4.2 理由② グレインフリーで低炭水化物

グレインフリーのドッグフードの中には、穀物を使用しない代わりに、ジャガイモなどでかさ増しをしているものも多いのが現状です。オリジンは肉類が大半を占めているため、穀物だけでなく、ジャガイモやタピオカなども使用していません。アレルギーでお悩みのワンちゃんや太り気味のワンちゃんにおすすめです。

4.3 理由③ サプリメントの添加が亜鉛のみ

肉類以外には、新鮮な野菜や果物、ハーブなどが入っていて、天然のビタミンやミネラルを豊富に含んでいます。通常ドライフードはビタミンやミネラルをサプリメントで添加していますが、オリジンに添加されているのは亜鉛のみで、そのほかは全て素材から供給されています。

5. まとめ

ご紹介したドッグフードはどれも高品質なものばかりなので、市販されているものと比べると、値段はどうしても高めになってしまいます。たくさんワンちゃんを飼っているご家庭などでは、毎月の食費がかさんで大変かもしれませんね。

しかし、愛犬に粗悪なドッグフードを食べさせて病気になるよりは、少し値段は高くても安全性の高いフードを食べさせた方がよっぽどいいと思いませんか?大切な愛犬のために、一番理想的なフードを選ぶようにしましょう。

編集部オススメのドックフード

モグワン

こちらは、新鮮なチキンやサーモンの生肉など良質な動物性たんぱく質を全体の50%以上も使用しています。厳選した原材料を出来るだけ自然のまま使うことにこだわっていて、家庭で手作りするようなシンプルなレシピで仕上げています。添加物は一切使用せず、人工的な香料を使わなくても食欲をそそる香りがして、ワンちゃんが夢中になって食いつく美味しさを実現しています。

カナガン

カナガンはイギリス産の新鮮なチキンの生肉など動物性たんぱく質を全体の60%も使用したプレミアムフードです。原材料は全て人間が食べられる品質にこだわっていて、無添加でしかもグレインフリーなので、犬にとってはまさに理想的なフードと言えます。世界的に動物愛護の国として知られるイギリスで80%以上のリピート率を誇り、多くの愛犬家から支持されています。

ネルソンズ

こちらはイギリスのトップブリーダーが自分の愛犬の健康を考えて開発したドッグフードで、合成添加物や肉の副産物、遺伝子組み換え食品などは一切使用していません。グレインフリーで新鮮なチキンを全体のおよそ半分も使用しているため、高たんぱく低炭水化物の理想的な栄養バランスになっています。良質なたんぱく質は筋肉や骨を発達させ、サーモンオイルは艶やかな毛並みを作りますので、ワンちゃんの健康維持はもちろん見た目の美しさにもこだわりたい飼い主さんにおすすめです。

-ドッグフードフードの選び方

Copyright© わんわん部 , 2021 All Rights Reserved.