ドッグフードフードの選び方

ドッグフードが犬の寿命を左右

投稿日:

1. なぜドッグフードが犬の寿命を左右するのか?

最近は犬の寿命が長くなり、10年以上生きるワンちゃんも珍しくなくなってきました。なぜ、犬が長生きするようになったかというと、主に飼育環境と食べ物の変化が影響しています。昔は、どこの家も犬は外で飼うのが当たり前でしたよね。外飼いは感染症や交通事故などのリスクが高く、長生きするのが難しかったのですが、今は室内飼育がほとんどとなり、感染症予防もしっかり行われているため、長生きできるようになったのです。

そしてドッグフードも、昔は粗悪な原材料を使っているものが多かったのですが、平成21年にペットフード安全法が出来たことで、安全管理が行われるようになりました。愛犬家のニーズに答え、人間が食べられるほど安全な原材料を使った良質なドッグフードも多くなったことから、犬が健康で長生きするようになったのです。ただし、現在市販されている全てのドッグフードが安全なわけではなく、まだまだ危険な成分を含んだものはたくさんあります。特に値段が安いドッグフードは、コストを抑えるために質の悪い肉などが使われていたり、消費期限を延ばすために発がん性のリスクがある酸化防止剤を使ったりしていることがあります。

愛犬に元気で長生きしてもらうためには、無添加で高品質な原材料を使ったプレミアムフードを選ぶようにしましょう。また、年齢や体調など必要に応じてフードの種類を切り替えることも大切です。

2. アランズナチュラルドッグフードがNo1におススメな理由とは

アランズナチュラルドッグフード

こちらは、ペット先進国として知られるイギリス生まれのドッグフードです。イギリスでは、野生の犬が食べていた食事を再現する「自然給餌(ナチュラルフィーディング)」という考え方が主流になっていて、アランズナチュラルドッグフードも自然素材だけで作られています。

2.1 理由① 無添加でヒューマングレードの原材料を使用

犬が必要をする栄養素を自然素材から供給することにこだわっているため、人工的な着色料や香料などの添加物は一切使用していません。使用しているのは全て、人間が食べるために生産された食材です。

2.2 理由② 犬が消化しにくいものは使用しない

小麦や大豆、とうもろこし、乳製品、牛肉、豚肉は、アレルギーの発症リスクが高いと言われているため使用していません。他にも、犬の消化器官に負担をかけてしまうような、品質の悪いカサ増し食材も一切使っていません。

2.3 理由③ 品質管理を徹底している

アランズは、イギリスで高評価を受けているペットフード専門工場で、厳格な安全管理のもと製造されています。一度に大量生産せず少しずつ生産することで、常に出来たてを提供しています。1つ1つの製品には製造番号が刻まれていて、原材料の調達先や日時などを追跡調査することができます。

3. クプレラがNo2におススメな理由とは

クプレラ

かつて犬が自然界で生きていた頃、肉食動物である犬は草食動物を捕まえて食べていました。犬は動物を丸ごと食べていたので、肉だけでなく体内にある菌類や胃の中にある植物なども一緒に食べていたことになります。クプレラは、まさに自然界の食事を再現したドッグフードです。

3.1 理由① 安全性の高い原材料を使っている

クプレラに使用している原材料は、家畜の飼料や作物を保存する段階から、抗生物質や合成保存料を使っていません。他にも、グルテンや牛乳、卵、砂糖、塩、ビートパルプなど犬の健康を害する恐れのあるものも不使用です。

3.2 理由② 酵素や有用菌が生きたまま配合されている

通常のドライフードは高温で加熱調理するため、食材が持っている酵素やビタミン、プロバイオティクスが破壊されてしまいます。クプレラはこれらの成分を非加熱で配合しているため、犬の健康維持に役立ちます。

3.3 理由③ フードの安全管理を徹底している

クプレラは、出荷前に全て検査して安全性をチェックしています。パッケージは、気密性を高めて酸化を防いでいるため、危険な合成の保存料を使わなくても出来たての新鮮さを保つことができます。

4. ナチュロルがNo3におススメな理由とは

ナチュロル

ナチュロルは、獣医師やペット栄養管理士などが監修した、国産のプレミアムドッグフードです。外国産のドッグフードだと輸送に時間がかかりますが、ナチュロルは出来たての新鮮な状態で食べさせることができます。

4.1 理由① 新鮮な肉や魚をたっぷり配合している

犬にとって肉や魚などの動物性タンパク源は欠かせない素材ですが、単に量がたくさん入っていれば良いわけではなく、質も重要です。ナチュロルは、国産を中心とした新鮮な肉や魚を生のまま、全体の55%も配合しています。もちろん人間がおいしく食べることができるほど、上質な素材ばかりです。

4.2 理由② 安定持続型ビタミンCを高濃度で配合している

ビタミンCは皮膚や毛並みを美しく保ち、免疫力を高めるなどワンちゃんにも効果的な成分ですが、熱に弱く壊れやすいため市販のドッグフードにはあまり含まれていません。ナチュロルは世界で初めて安定持続型のビタミンCを1㎏あたり1000㎎も配合しています。

4.3 理由③ 添加物など粗悪な原材料は一切使用していない

ナチュロルには合成の保存料や着色料、防カビ剤などの添加物や、穀物やグルテン、中国産原料、肉の副産物など犬の体にあまり良くないと言われているものは全て排除しています。

≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

5. まとめ

ここでご紹介したような安全性の高いドッグフードを食べさせても、残念ながら何らかの理由で短命になってしまうワンちゃんはもちろんいます。人間だっていくら健康に気をつかっていても、長生きできるとは限りませんので、それは仕方のないことです。

一方で危険なドッグフードを食べさせれば、病気にかかったり寿命が縮んだりするリスクは確実に高くなります。犬を飼うからには、健康管理は飼い主の責任です。ぜひ愛犬にとって本当に良いものだと自信を持って言えるようなドッグフードを選んであげましょう。

編集部オススメのドックフード

モグワン

こちらは、新鮮なチキンやサーモンの生肉など良質な動物性たんぱく質を全体の50%以上も使用しています。厳選した原材料を出来るだけ自然のまま使うことにこだわっていて、家庭で手作りするようなシンプルなレシピで仕上げています。添加物は一切使用せず、人工的な香料を使わなくても食欲をそそる香りがして、ワンちゃんが夢中になって食いつく美味しさを実現しています。

カナガン

カナガンはイギリス産の新鮮なチキンの生肉など動物性たんぱく質を全体の60%も使用したプレミアムフードです。原材料は全て人間が食べられる品質にこだわっていて、無添加でしかもグレインフリーなので、犬にとってはまさに理想的なフードと言えます。世界的に動物愛護の国として知られるイギリスで80%以上のリピート率を誇り、多くの愛犬家から支持されています。

ネルソンズ

こちらはイギリスのトップブリーダーが自分の愛犬の健康を考えて開発したドッグフードで、合成添加物や肉の副産物、遺伝子組み換え食品などは一切使用していません。グレインフリーで新鮮なチキンを全体のおよそ半分も使用しているため、高たんぱく低炭水化物の理想的な栄養バランスになっています。良質なたんぱく質は筋肉や骨を発達させ、サーモンオイルは艶やかな毛並みを作りますので、ワンちゃんの健康維持はもちろん見た目の美しさにもこだわりたい飼い主さんにおすすめです。

-ドッグフードフードの選び方

Copyright© わんわん部 , 2021 All Rights Reserved.