ドッグフードフードの選び方

手作りとドッグフードはどちらが良いのか?

投稿日:

1. 手作りとドッグフードはどちらが良いの?

最近は、愛するワンちゃんのために手作りごはんを作っている飼い主さんが増えてきています。手作りごはんを始めるきっかけは人それぞれですが、カリカリのドライフードだと食いつきが悪かったり、愛犬が体調を崩したりしたことで手作りに切り替える方が多いようです。手作りと聞くと、飼い主さんの愛情がたっぷり込められている感じがしてイメージが良いですよね。しかし手作りごはんは、愛犬に必要な栄養をきちんと満たしていない恐れがあるので、十分な知識を持たない人が行うのは、あまりおすすめできないのです。

例えば野菜は、季節によって手に入る種類が全く違いますよね。たまに不作になると、野菜の値段が高騰して手に入りにくくなることもあります。そんな時、野菜なしで肉だけの食事になってしまったら、栄養バランスが崩れてしまいます。一方、ドッグフードは始めから完璧な栄養バランスに仕上がっていますから、他に何も食べなくても栄養を満たすことができます。手作りごはんで愛情を示したいという飼い主さんのお気持ちもわかりますが、気がつかないうちに愛犬が栄養失調になってしまったら困りますよね。動物栄養学の専門家などではない一般の方が、犬の栄養管理をするのは少しハードルが高すぎるため、高品質なドッグフードを食べさせる方が安心なのです。

2. モグワンがNo1におススメな理由とは

モグワン

モグワンは、イギリスの高級フードであるカナガンのスタッフが2年もの歳月をかけて、より食いつきの良いフードを目指して開発されました。余計な添加物は使わずに、厳選した素材で栄養をしっかり補給できるように配合されています。

2.1 理由① ヒューマングレードの原材料で無添加

人間が食べられるレベルの食材のみを使用していて、人工的に合成された保存料や着色料などは使われていません。新鮮な野菜やフルーツなどもふんだんに入っていて、ご家庭で丁寧に手作りしたように栄養満点でバランスの良いレシピなのです。

2.2 理由② 高たんぱくでグレインフリー

モグワンには新鮮なチキンやサーモンの生肉がたっぷり配合されていて、犬にとって欠かせないたんぱく質が豊富です。小麦やとうもろこしなどの穀物は使用していませんので、アレルギー体質のワンちゃんも安心です。

2.3 理由③ シンプルなレシピなのでトッピングがしやすい

モグワンはおうちの手作りごはんのレシピを元にしているため、季節の野菜や愛犬の好きなものを自由にトッピングして楽しむことができます。ただし栄養バランスを崩さないためには、トッピングの割合はフード全体の25%以下にするのがベストです。

3. K9ナチュラルがNo2におススメな理由とは

K9ナチュラル

K9ナチュラルは、新鮮な肉類をふんだんに使用しフリーズドライ加工をしたフードです。ワンちゃんに食べさせる時に、フードの3倍ほどの水かぬるま湯でふやかします。栄養のバランスはすでに完璧ですが、手作り派の方は好きな野菜などをトッピングしてアレンジしても良いでしょう。

3.1 理由① 肉類の割合が90%で栄養満点

K9ナチュラルのドッグフードは肉類の割合が90%も占めています。新鮮な生肉だけでなく、骨や血液、内臓も一緒に配合しています。骨はカルシウム源になり、血液を鉄分やミネラル源になります。牛などの反すう動物の胃袋であるグリーントライプには、消化酵素や乳酸菌などが豊富に含まれています。

3.2 理由② 非加熱だから栄養と美味しさをそのままキープ

加熱せずに食材の水分だけを飛ばすフリーズドライ製法により、加熱に弱いビタミンや酵素などを生きたまま配合することができます。素材からしっかり栄養を補えるため、合成のサプリメントの添加を最小限に抑えています。

3.3 理由③ 常温で長期保存できる

フリーズドライ加工されていて水分を含んでいないため、未開封であれば最長で2年間も保存することができます。軽くて持ち運びも簡単で、水さえあればどこでも食べさせることができますので、災害時にも役立ちます。

4. ケーナインヘルスがNo3におススメな理由とは

ケーナインヘルス

ケーナインヘルスは穀類や野菜がブレンドされたプレミックスフードで、メインとなる肉類を加えるだけで栄養バランスのとれたごはんを作ることができます。お湯でケーナインヘルスをふやかし、肉や魚、オイルなどを加えるだけなので、手軽に手作り気分を味わいたい方におすすめです。

4.1 理由① オーガニックや天然の素材を使用

ケーナインヘルスには、オーガニック認定を受けた穀物や、天然の野菜やハーブが入っています。犬は穀物や野菜を消化するのが苦手ですが、お湯でふやかすことで体に負担をかけずに吸収しやすくなります。

4.2 理由② 生肉を加えれば、より犬本来の食事に近づけられる

お湯でふやかしたケーナインヘルスに、新鮮な生肉を加えることによって、生肉が持つ酵素を生きたまま体に取り入れることができます。また肉や魚の種類をローテーションすることによって、アレルギーを起こしにくくなります。

4.3 理由③ 愛犬の体調によってオイルの種類を変えられる

最後に加えるオイルは天然の良質なものを使用するのが望ましいですが、オイルの種類については愛犬の体調や目的によって自由に変えることができます。例えば毛並みをもっと美しく保ちたいなら、オメガ3脂肪酸が豊富に含まれているフィッシュオイルがおすすめです。

5. まとめ

今回ご紹介したフードは、栄養バランスがしっかり整っていて、ちょっと手を加えることもできるため、手作り派の方にはぜひおすすめしたいフードです。特に災害時には、生鮮食品が手に入りにくくなりますので、保存や持ち運びに便利なドライフードは常備していた方が安心です。ドライフードが苦手というワンちゃんには、普段は自由にトッピングなどを加えても問題はありませんが、いざという時に食べてくれないということにならないよう日頃から慣れさせておくと良いでしょう。

編集部オススメのドックフード

モグワン

こちらは、新鮮なチキンやサーモンの生肉など良質な動物性たんぱく質を全体の50%以上も使用しています。厳選した原材料を出来るだけ自然のまま使うことにこだわっていて、家庭で手作りするようなシンプルなレシピで仕上げています。添加物は一切使用せず、人工的な香料を使わなくても食欲をそそる香りがして、ワンちゃんが夢中になって食いつく美味しさを実現しています。

カナガン

カナガンはイギリス産の新鮮なチキンの生肉など動物性たんぱく質を全体の60%も使用したプレミアムフードです。原材料は全て人間が食べられる品質にこだわっていて、無添加でしかもグレインフリーなので、犬にとってはまさに理想的なフードと言えます。世界的に動物愛護の国として知られるイギリスで80%以上のリピート率を誇り、多くの愛犬家から支持されています。

ネルソンズ

こちらはイギリスのトップブリーダーが自分の愛犬の健康を考えて開発したドッグフードで、合成添加物や肉の副産物、遺伝子組み換え食品などは一切使用していません。グレインフリーで新鮮なチキンを全体のおよそ半分も使用しているため、高たんぱく低炭水化物の理想的な栄養バランスになっています。良質なたんぱく質は筋肉や骨を発達させ、サーモンオイルは艶やかな毛並みを作りますので、ワンちゃんの健康維持はもちろん見た目の美しさにもこだわりたい飼い主さんにおすすめです。

-ドッグフードフードの選び方

Copyright© わんわん部 , 2021 All Rights Reserved.