犬種別のドッグフード

【要注意】チワワにおススメなドッグフードとは

投稿日:

1. チワワのドッグフードの選び方とは

チワワ 写真

チワワは、たくさんある犬種の中でも世界最小クラスのワンちゃんです。
大きな瞳と華奢な体が誰からも愛されるチワワですが、見かけによらず好奇心旺盛で活発な性格です。
ただし、体が小さい分体力を消耗しやすく、かかりやすい病気もいくつかあります。
例えば、膝のお皿がずれる膝蓋骨脱臼や気管が潰れて呼吸困難になる気管虚脱、他にも低血糖症、尿路結石などのリスクが高いと言われています。
またチワワはよく涙目になっていることがありますが、他の犬種に比べて目が大きいので涙の量が多く、結膜炎や涙やけになりやすい傾向があります。
甘えん坊な性格で抱っこをされるのも大好きですが、普段から抱いてばかりいると運動不足で太ってしまうので注意が必要です。
そんなチワワに最適なドッグフードは、小さな体を支える骨や筋肉の発達に欠かせないたんぱく質を多く含んでいるものです。
そして涙やけは、食物アレルギーが原因となっている可能性も大きいため、アレルゲンになりやすい食材をできるだけ省いたフードを選んだ方が良いでしょう。
華奢で繊細なチワワは、添加物や化学薬品の影響も受けやすいため、無添加にこだわっていて、原材料の質が高いドッグフードを選ぶようにしましょう。

2. カナガンがチワワにNo1におススメな理由とは

カナガン ドッグフード

カナガンは、ペット先進国として名高いイギリスの最高級ドッグフードで、世界中で愛されています。
日本の愛犬家の間でも健康に良く食いつきも抜群と高い評価を受けていて、繊細なチワワにぴったりなドッグフードです。

2.1 理由① 小粒で食べやすい

カナガンは、超小型のチワワでも食べやすい小粒タイプです。
粒の大きさが合わないとフードを食べなくなってしまう可能性もありますが、小粒なので歯が小さくあごの力が弱いチワワでも、しっかり噛むことができます。
きちんと噛んで食べると、歯垢も溜まりにくくなります。

2.2 理由② グレインフリー

カナガンは、犬が消化しにくい小麦やトウモロコシなどの穀物を使用していないグレインフリーのフードです。
グレインフリーにすることで、涙やけなどのアレルギー症状を抑えることが期待できます。
穀物の代わりにサツマイモを使用していますが、腹持ちがいいので活発なチワワにぴったりです。

2.3 理由③ 尿路結石予防と関節に良い成分が入っている

クランベリーはビタミンCが多く、尿路結石を防ぐ働きがあります。
また、コンドロイチンやグルコサミンには、関節を健康に保つ働きがあるため、膝蓋骨脱臼の予防につながります。

カナガン ドッグフード 専用サイト→

3. ロータスがチワワにNo2におススメな理由とは

ロータス ドッグフード

こちらはカナダ原産のプレミアムフードで、原材料の安全性にとことんこだわっています。
粒のサイズも大小選ぶことができ、小粒はチワワでも食べやすいサイズになっています。
原材料へのこだわりもさることながら、美味しさも追及しています。

3.1 理由① アレルゲンや合成の添加物を排除

小麦や大豆、トウモロコシなどアレルギーを起こしやすい食材を使用していません。
人工的に合成された保存料や香料も使わず、天然のビタミンEやクエン酸などで酸化を防いでいます。

3.2 理由② 人間が食べるレベルの肉類を使用

チキンやラムなどの肉類は、飼育段階で成長ホルモン剤などを使っていない安全なものだけを使用しています。
フードに使うのは人間が食べるのと同じ部分だけで、骨や血液など肉の副産物は一切使っていません。

3.3 理由③ 独自のオーブンベイクで栄養価アップ

一般的なフードは短時間で高温調理するため栄養が壊れてしまいますが、ロータスはオーブンで時間をかけて調理するため、栄養価が損なわれません。
食いつきをよくするための香料やオイルコーティングなどを使う必要もないので安心です。

4. アカナがチワワにNo3におススメな理由とは

アカナ ドッグフード

カナダのプレミアムフードであるアカナは、比較的値段が手頃なのに原材料にはしっかりこだわっています。
チワワなどの小型犬は食べムラがあるワンちゃんが多いですが、アカナは肉や魚などラインナップが豊富なので飽きずに続けやすいのも魅力です。

4.1 理由① 肉類の割合が多い

犬の祖先はオオカミなので、犬も本来は立派な肉食動物です。
アカナは、犬には肉とたんぱく質が豊富な食事が最適だと考え、肉類をベースにしていて、最高で原材料の75%も肉類を使用しています。
たんぱく質は引き締まった筋肉と丈夫な骨を作ってくれます。

4.2 理由② 自然界の食事を再現

新鮮な生肉をふんだんに使っているため、自然界の食事と似ていて栄養価が優れています。
また自然界では毎日同じ獲物を食べることはあり得ませんので、アカナも1つのフードに複数の肉類を使用し、自然界のバラエティ豊かな食事を再現しています。

4.3 理由③ 炭水化物の割合が低い

炭水化物の摂り過ぎは肥満の原因になります。
アカナは穀類やジャガイモ、タピオカなどを使わずに、低GIの野菜や果物を使っています。
血糖値の急激な上昇を抑えられるので、脂肪が蓄積しにくくなります。

アカナ ドッグフード 公式サイト→

5. まとめ

チワワは、世界最小といいながらも体格の差が大きく、500gくらいの極小もいれば3キロ越えの大きめのチワワもいます。
体格に対して適切な体重であれば問題はありませんが、明らかに脂肪がつきすぎて太っている場合は、フードの選び方や与え方を見直す必要があります。
太り過ぎは足腰の負担が大きいですし、病気のリスクも高くなります。
元気で長生きするためには、ウルウルした瞳でおやつをねだられても、ぐっと我慢が必要ですね。

編集部オススメのドックフード

モグワン

こちらは、新鮮なチキンやサーモンの生肉など良質な動物性たんぱく質を全体の50%以上も使用しています。厳選した原材料を出来るだけ自然のまま使うことにこだわっていて、家庭で手作りするようなシンプルなレシピで仕上げています。添加物は一切使用せず、人工的な香料を使わなくても食欲をそそる香りがして、ワンちゃんが夢中になって食いつく美味しさを実現しています。

カナガン

カナガンはイギリス産の新鮮なチキンの生肉など動物性たんぱく質を全体の60%も使用したプレミアムフードです。原材料は全て人間が食べられる品質にこだわっていて、無添加でしかもグレインフリーなので、犬にとってはまさに理想的なフードと言えます。世界的に動物愛護の国として知られるイギリスで80%以上のリピート率を誇り、多くの愛犬家から支持されています。

ネルソンズ

こちらはイギリスのトップブリーダーが自分の愛犬の健康を考えて開発したドッグフードで、合成添加物や肉の副産物、遺伝子組み換え食品などは一切使用していません。グレインフリーで新鮮なチキンを全体のおよそ半分も使用しているため、高たんぱく低炭水化物の理想的な栄養バランスになっています。良質なたんぱく質は筋肉や骨を発達させ、サーモンオイルは艶やかな毛並みを作りますので、ワンちゃんの健康維持はもちろん見た目の美しさにもこだわりたい飼い主さんにおすすめです。

-犬種別のドッグフード

Copyright© わんわん部 , 2021 All Rights Reserved.