犬種別のドッグフード

【要注意】MIX犬におススメなドッグフードとは

投稿日:

1. MIX犬のドッグフードの選び方とは

MIX犬は、違う種類の純血種の両親から生まれた犬のことを指します。
純血種のかけ合わせ方によって、個性的な体格になったり、毛の色や模様などが変化したりするので、オリジナリティを求めてあえてMIX犬を選ぶという方もいます。
MIX犬は、育ってみないとどんな容姿になるのかわからないといったデメリットもありますが、違う遺伝子が混ざっている分、純血種に比べると病気のリスクは低いと言われています。
ただし体質は両親を受け継ぐことが多いので、全く病気にかからないわけではありません。
性格も含めて両親の特徴をあらかじめしっかりと見極めておくと良いでしょう。
基本的には適度な運動や栄養バランスのとれた食事などで、病気を防いでいくことが大切です。
そんなMIX犬に最適なのは、やはり原材料の質が高く、合成の保存料や香料などを使用していないナチュラルなドッグフードです。
アレルギーの原因になりやすい食材もできるだけ省いているフードが良いですね。
特定の犬種に対応しているフードよりも、全犬種が利用できる方がおすすめです。
両親の体質によって太りやすかったり、皮膚トラブルを抱えやすかったりするケースもありますので、必要に応じてフードを変えていくことも大切です。

2. ネルソンズがMIX犬にNo1におススメな理由とは

ネルソンズ ドッグフード

ペット先進国として知られるイギリス産のドッグフードで、生後7ヶ月から7歳くらいまでの全犬種に対応しています。
これさえ食べていれば間違いないという栄養素がしっかり含まれていますので、どんなかけ合わせのMIX犬でも大丈夫です。

2.1 理由① グレインフリー(穀物不使用)

市販のドッグフードにはかさましのために小麦やトウモロコシなどの穀物が多く含まれていますが、基本的にどの犬種も穀物を消化するのはあまり得意ではありません。
食べたものをうまく消化できないと、皮膚のかゆみや下痢などのアレルギー症状が起きやすくなるのでグレインフリーがおすすめです。

2.2 理由② たんぱく質が豊富

たんぱく質は、筋肉や骨などワンちゃんの体を作るために最も大切な栄養素です。
ネルソンズは穀物のかわりに新鮮な鶏肉をふんだんに使用しているため、良質なたんぱく質を豊富に含んでいます。

2.3 理由③ 人工の添加物や肉の副産物を使わない

人工的に合成された保存料や香料などの添加物は、長期的に摂取するとワンちゃんの体に悪栄養を及ぼす可能性がありますので、出来るだけ排除した方が良いです。
肉の副産物とは、鶏肉であればトサカやくちばしなどのことですが、ネルソンズは人間が食べる部分しか使用していません。

ネルソンズ ドッグフード 公式サイト→

3. ナチュラルハーベストプライムフォーミュラがMIX犬にNo2におススメな理由とは

ナチュラルハーベストプライムフォーミュラ ドッグフード

ナチュラルハーベストは、日本で暮らすワンちゃんのために特別に開発されたドッグフードで、厳選した原材料と安全性の高さが売りです。
中でもプライムフォーミュラのシリーズは、穀物を使用しないグレインフリーなので特におすすめです。

3.1 理由① 高たんぱく低カロリー

ナチュラルハーベストは、運動する環境に恵まれない日本のワンちゃん向けにカロリーを低く抑えています。
一方で、筋肉などの発達に欠かせないたんぱく質を豊富に含んでいるため、多種多様な体質のMIX犬にとっても理想的な食事と言えます。

3.2 理由② 安全性を追求している

遺伝子組み換え作物は人間が食べるものについて不適切とされているので、当然ドッグフードにも使用しません。
BHA・BHTなどの人工的な保存料は使わず、酸素遮断パッケージや真空パック、脱酸素剤などを使用することで、できたての美味しさをキープしています。

3.3 理由③ 1粒にぎゅっと栄養が詰まっている

四肢動物に鳥、魚、卵など多種多様な動物性たんぱく質をふんだんに取り入れることで、摂取できるアミノ酸の種類も多くなり、栄養価が格段にアップします。
1粒に栄養がたっぷり詰まっているので、パピーはもちろん少食の小型犬にもおすすめです。

ナチュラルハーベスト ドッグフード 通販サイト→

4. アーテミスオソピュアがMIX犬にNo3におススメな理由とは

アーテミスオソピュア ドッグフード

世界25か国以上で愛されているアーテミスはアメリカ生まれのドッグフードで、犬の専門誌でも最高品質という評価を受け続けています。
そんなアーテミスの中でもオソピュアは、穀物を使用していないグレインフリーのシリーズです。

4.1 理由① 穀物の代わりに栄養満点なひよこ豆を使用

ひよこ豆はカレーやシチューなどによく使われていて、正式にはガルバンゾー豆と言います。
タンパク質が豊富で、ビタミンB1やカルシウム、カリウムなどもたっぷり含まれています。

4.2 理由② アレルギーを起こしにくい肉類を使用

アーテミスオソピュアは、サーモンとパイソン、ダックの3種類から選べますが、いずれも比較的アレルギーを起こしにくいと言われています。
中でもダックはヘルシーなのにビタミンB1やB2、不飽和脂肪酸も多く含んでいるため、ここ数年人気が高まっている食材です。

4.3 理由③ 原材料はヒューマングレードで人工の添加物不使用

アーテミスは人間が食べることを基準にして原材料を厳選しています。
人工的に合成された保存料や香料などの添加物も使用していませんので、大切な愛犬に安心して食べさせることができます。

5. まとめ

MIX犬はどんな体質でどんな病気のリスクがあるのか、なかなか予想がつきにくいので、まずは毎日の食事にこだわることが、健康で長生きさせるための一番の秘訣です。
もちろんフードだけでなく、適度な運動やストレスの少ない生活環境を整えることも忘れないようにしましょう。
未知数な部分が多いMIX犬だからこそ、愛犬の体調を観察しながら小さな変化を見逃さないようにして、その時々で最適なフードを選ぶことが大切です。

編集部オススメのドックフード

モグワン

こちらは、新鮮なチキンやサーモンの生肉など良質な動物性たんぱく質を全体の50%以上も使用しています。厳選した原材料を出来るだけ自然のまま使うことにこだわっていて、家庭で手作りするようなシンプルなレシピで仕上げています。添加物は一切使用せず、人工的な香料を使わなくても食欲をそそる香りがして、ワンちゃんが夢中になって食いつく美味しさを実現しています。

カナガン

カナガンはイギリス産の新鮮なチキンの生肉など動物性たんぱく質を全体の60%も使用したプレミアムフードです。原材料は全て人間が食べられる品質にこだわっていて、無添加でしかもグレインフリーなので、犬にとってはまさに理想的なフードと言えます。世界的に動物愛護の国として知られるイギリスで80%以上のリピート率を誇り、多くの愛犬家から支持されています。

ネルソンズ

こちらはイギリスのトップブリーダーが自分の愛犬の健康を考えて開発したドッグフードで、合成添加物や肉の副産物、遺伝子組み換え食品などは一切使用していません。グレインフリーで新鮮なチキンを全体のおよそ半分も使用しているため、高たんぱく低炭水化物の理想的な栄養バランスになっています。良質なたんぱく質は筋肉や骨を発達させ、サーモンオイルは艶やかな毛並みを作りますので、ワンちゃんの健康維持はもちろん見た目の美しさにもこだわりたい飼い主さんにおすすめです。

-犬種別のドッグフード

Copyright© わんわん部 , 2021 All Rights Reserved.