犬種別のドッグフード

【要注意】シー・ズーにおススメなドッグフードとは

投稿日:

1. シー・ズーのドッグフードの選び方とは

シー・ズー 写真

まんまるとした大きな目と鼻ペチャな顔がなんとも愛らしいシー・ズーは、甘えん坊で天真らんまんの性格が世界中で愛されている犬種です。
おとなしく飼い主に従順なので室内飼育に適していますし、運動もそれほど多く必要としないので、お年寄りや小さなお子さんがいるご家庭でも飼いやすいと言われています。
一方で、シー・ズーはアレルギー持ちの子が多く、皮膚のかゆみや外耳炎、角膜炎や涙やけなどさまざまなアレルギー症状に悩まされる傾向があります。
アレルギーを起こさないためには、アレルゲンになりやすい食材や合成の添加物などを可能な限り排除したフードを選ぶと良いでしょう。
また、シー・ズーはもともと寒冷地の生まれなので暑さに弱く、特に夏場に室内で留守番をさせる時などはエアコンを稼働させておかないと、熱中症でダウンしてしまう可能性が大きいです。
生まれつき鼻の穴が狭いため、熱が体内にこもりやすく、激しい運動をしたりすると酸素をうまく取り込めずに酸欠になることもあります。
また、椎間板ヘルニアや股関節形成不全、関節リウマチなどの病気のリスクも高めなので、関節に良い成分が入ったフードを選ぶと良いでしょう。

2. カナガンがシー・ズーにNo1におススメな理由とは

カナガン ドッグフード

イギリスで80%以上のリピート率を誇るカナガンは、日本でも年々愛用者が増加している人気の高いドッグフードです。
原材料の質と高い安全性、そして食いつきの良さに定評があり、デリケートなシー・ズーにぴったりです。

2.1 理由① グレインフリー

本来肉食動物である犬は、穀物を消化するのが苦手なので、皮膚炎や下痢などのアレルギー反応を起こしやすくなります。
カナガンは穀物を使用しないグレインフリーで、代わりに食物繊維が豊富なさつまいもを使用しています。

2.2 理由② 原材料はヒューマングレードで人工添加物不使用

カナガンに使用している原材料は全て人間が食べることができるほど高品質な原材料です。
素材の質が良いので、香料や着色料などの添加物を加えなくても食いつきは抜群です。
発がん性などが指摘される酸化防止剤も使用していません。

2.3 理由③ 小粒で食べやすい

カナガンは、小型犬のシー・ズーでも食べやすい小粒タイプです。
真ん中に穴が開いていて平べったい形をしているため、あごの力が弱くても噛み砕きやすくなっています。
しっかり噛んで食べることで、歯垢の除去にも役立ちます。

カナガン ドッグフード 専用サイト→

3. アートゥーがシー・ズーにNo2におススメな理由とは

こちらはイギリスからやってきた新しいブランドで、他社のフードを研究して良い部分だけを取り入れて作られています。
アートゥーはフィンランド語で「高貴な狼」という意味で、犬の祖先であるオオカミの食事に近づけた理想的なフードです。

3.1 理由① 肉類などの動物性たんぱく質を原材料の80%配合

アートゥーは、原材料に肉や魚などを80%も使用しているため、消化吸収率が高く嗜好性も抜群です。
ラインナップはダック、サーモン&ニシン、チキンの3種類あり、動物性タンパク源を限定することで肉類にアレルギーを持つワンちゃんに配慮しています。

3.2 理由② グレインフリー・グルテンフリー

とうもろこしや米などの穀物やジャガイモ、グルテンは、消化しにくくアレルギーの原因になりやすいですが、アートゥーはこれらを一切使用していませんので、穀物やグルテンアレルギーのあるシー・ズーも安心です。

3.3 理由③ シー・ズーに効果的な成分が満載

関節の健康をサポートするグルコサミンやコンドロイチン、脂肪燃焼効果があるLカルニチン、そして腸内環境を改善して免疫力を高める乳酸菌エンテロコッカス・フェシウムなどシー・ズーの健康維持に効果的な成分をふんだんに配合しています。

4. クプレラがシー・ズーにNo3におススメな理由とは

クプレラ ドッグフード

クプレラは、出来るだけ自然に近い食事を再現したドッグフードで、独自の調理方法で素材が持つ栄養価を損なうことなく配合しています。
アレルギー体質のシー・ズーに最適な配合バランスになっていますのでぜひおすすめです。

4.1 理由① グルテンフリー

グルテンは小麦や大麦などに含まれる成分で、アレルギー症状を起こしやすいと言われています。
クプレラはグルテンフリーにこだわっていて、代わりに嗜好性の高いサツマイモやタピオカを使用しています。

4.2 理由② プロバイオティクスと酵素が生きたまま入っている

野生の肉食動物は草食動物を食べてプロバイオティクスや酵素を取り入れています。
通常ドッグフードは加熱によってこれらの成分が失われてしまいますが、クプレラは生きたまま配合しています。
プロバイオティクスは消化を助け、免疫力を高める作用があります。

4.3 理由③ ヒューマングレードで無添加

クプレラは、人間の食品基準をクリアした原材料のみを使っています。
合成の保存料や着色料、香料、防腐剤や防カビ剤などの化学薬品は、犬の体に悪影響を及ぼしアレルゲンになりやすいと言われているため、一切使用していません。

5. まとめ

シー・ズーは、あまり吠えないですし抜け毛も比較的少ないため、飼いやすい犬種というイメージを持っている方が多いと思いますが、アレルギーとの戦いや夏や冬の温度管理などを考えると、実は結構手のかかる犬種とも言えます。
病気を防いで長生きさせるには、やはり足腰を丈夫に保ち肥満を防ぐことが大切です。
高品質で安全なフードを選ぶのはもちろんですが、おやつの与えすぎなどで太り過ぎないように注意しましょう。

編集部オススメのドックフード

モグワン

こちらは、新鮮なチキンやサーモンの生肉など良質な動物性たんぱく質を全体の50%以上も使用しています。厳選した原材料を出来るだけ自然のまま使うことにこだわっていて、家庭で手作りするようなシンプルなレシピで仕上げています。添加物は一切使用せず、人工的な香料を使わなくても食欲をそそる香りがして、ワンちゃんが夢中になって食いつく美味しさを実現しています。

カナガン

カナガンはイギリス産の新鮮なチキンの生肉など動物性たんぱく質を全体の60%も使用したプレミアムフードです。原材料は全て人間が食べられる品質にこだわっていて、無添加でしかもグレインフリーなので、犬にとってはまさに理想的なフードと言えます。世界的に動物愛護の国として知られるイギリスで80%以上のリピート率を誇り、多くの愛犬家から支持されています。

ネルソンズ

こちらはイギリスのトップブリーダーが自分の愛犬の健康を考えて開発したドッグフードで、合成添加物や肉の副産物、遺伝子組み換え食品などは一切使用していません。グレインフリーで新鮮なチキンを全体のおよそ半分も使用しているため、高たんぱく低炭水化物の理想的な栄養バランスになっています。良質なたんぱく質は筋肉や骨を発達させ、サーモンオイルは艶やかな毛並みを作りますので、ワンちゃんの健康維持はもちろん見た目の美しさにもこだわりたい飼い主さんにおすすめです。

-犬種別のドッグフード

Copyright© わんわん部 , 2021 All Rights Reserved.