犬種別のドッグフード

【要注意】フレンチ・ブルドッグにおススメなドッグフードとは

投稿日:

1. フレンチ・ブルドッグのドッグフードの選び方とは

フレンチ・ブルドッグ

ピンと立った大きな耳としわくちゃの顔に大きな瞳がなんとも愛嬌があるフレンチ・ブルドッグは、愛情深く人間味にあふれていて、年々人気が高まっている犬種です。体は筋肉質でがっしりしていて、アグレッシブな遊びが大好きです。ただし関節が弱く椎間板ヘルニアにもかかりやすいため、激しすぎる運動はなるべく避けた方が良いでしょう。家の中でも段差を減らすなど、なるべく足腰に負担をかけないようにすることが大切です。

ドッグフードを選ぶ際にも、たんぱく質が豊富で関節をサポートする成分が入ったものがおすすめです。短頭種なので暑さに弱く、夏は熱中症のリスクが高くなります。生まれつき鼻の穴が狭い鼻腔狭窄や、のどの手前にある上あごの粘膜が長いことで気道をふさぐ軟口蓋過長症のリスクも高く、そのままだと呼吸困難になりやすいので、手術が必要になる場合もあります。

被毛は短いですが抜け毛は多い犬種なので、家じゅう毛だらけにならないようこまめにブラッシングをすると良いでしょう。皮膚が弱くアレルギーを起こしやすいため、ドッグフードは無添加で質の高い原材料を使用したものや、穀物を使用していないグレインフリー、皮膚や被毛に良い成分が入っているものなどがおすすめです。

2. ネルソンズがフレンチ・ブルドッグにNo1におススメな理由とは

ネルソンズ

こちらはイギリスのトップブリーダーがこだわりと自由な発想から開発したドッグフードです。
高たんぱく低炭水化物で、ドッグショーへの出場を目標としているワンちゃんにおすすめなので、エネルギッシュなフレンチ・ブルドッグにぴったりです。
【安全性徹底分析】ネルソンズのドッグフードの詳細はこちら

2.1 理由① グレインフリーで安全性の高い原材料を使用

ネルソンズは、アレルギーの原因になりやすい穀物はもちろん、人工的に合成された保存料や香料などの添加物、肉の副産物、遺伝子組み換え食品などは一切使用していませんので、
安全性の高さが魅力です。

2.2 理由② 肉類が豊富に入っている

ネルソンズには、イギリスの自然に近い環境の中でのびのびと育てられたチキンが豊富に入っています。
良質なたんぱく質がたっぷり含まれているため、健康な体や引き締まった筋肉を作ることができます。

2.3 理由③ 関節や皮膚に良い成分が入っている

コンドロイチンやグルコサミンは関節を滑らかにする働きがあり、フレンチ・ブルドッグの足腰をサポートしてくれます。
海藻やサーモンオイルは皮膚を健やかにしてつやのある美しい毛並みを作ります。

ネルソンズ ドッグフード 公式サイト→

3. オリジンがフレンチ・ブルドッグにNo2におススメな理由とは

オリジン

オリジンは、生物学的に適正なフードを作ることをモットーとしていて、野生の犬が摂取している肉の量や新鮮さ、種類の豊富さを見事に再現しています。
自然のままの栄養を摂りこむことができるので、デリケートなフレンチ・ブルドッグにおすすめのフードです。
【安全性徹底分析】オリジンのドッグフードの詳細はこちら

3.1 理由① 高たんぱく低炭水化物フード

肉や魚、卵などの動物性タンパク源が原材料の85%も占めています。
残りは新鮮な果物や野菜などで、穀物やジャガイモ、タピオカは使用していません。
炭水化物は必要最低限でたんぱく質の割合が高いため、消化吸収に優れた栄養価の高いフードに仕上がっています。

3.2 理由② 新鮮で高品質な原材料

オリジンに使用されている肉類は、人間用の食材として認定を受けていて、農場から3日以内に工場へ運び、新鮮なうちに加工しています。
そのほかの野菜や果物に関しても、信頼できる生産者から直接入手しています。

3.3 理由③ 関節や免疫力アップなどに効果的な成分が入っている

オリジンには肉や魚由来の天然のコンドロイチンやグルコサミンが入っていて、関節を健康に保ってくれます。
新鮮な魚に含まれるDHAやEPAには、記憶力の向上や血液サラサラ、免疫力アップなどさまざまな健康効果があります。

4. フィッシュ4がフレンチ・ブルドッグにNo3におススメな理由とは

フィッシュ4

フィッシュ4は魚をベースに使ったドッグフードです。
チキンやラムなど数種類の肉類が使われているフードが多くありますが、自然界では同時に何種類もの獲物を食べることは珍しいため、フィッシュ4は動物性タンパク源を魚1種類に絞っていて、より自然に近い食事を再現しています。
【安全性徹底分析】フィッシュ4ドッグのドッグフードの詳細はこちら

4.1 理由① 魚は栄養豊富なのに低カロリー

魚のたんぱく質は肉よりも消化吸収に優れているため、胃腸に負担をかけずしっかりと栄養を補うことができます。
低脂肪でカロリーも控えめなので、太りやすいフレンチ・ブルドッグにピッタリです。

4.2 理由② グレインフリーで低GI

フィッシュ4には、小麦やトウモロコシなどの穀物が使用されていませんので、アレルギー持ちのワンちゃんも安心して食べることができます。
穀物の代わりにポテトとエンドウを使っていますが、GI値が低いため食後の血糖値の上昇を抑え、肥満や糖尿病、心臓病などのリスクを減らすことができます。

4.3 理由③ 無添加で皮膚に良い成分が入っている

フィッシュ4は合成の保存料や着色料などの添加物を一切使用していません。
魚の脂肪にはDHAやEPAが含まれていて、血液サラサラや免疫力を高める作用などがあり、毛艶をよくする効果も期待できます。

5. まとめ

愛嬌のある顔と筋肉質な体型が魅力的なフレンチ・ブルドッグですが、暑さにも寒さにも弱く見かけよりもとてもデリケートです。
元気に遊びすぎて呼吸困難になったり、ストレスが溜まると皮膚炎を起こしたりなど、体調の管理が難しいため、初心者には飼いづらい犬種かもしれません。
元気で長生きさせるためには、毎日食べるドッグフード選びはとても重要です。
太り過ぎはさまざまな病気を招く要因になりますので、フードやおやつの与えすぎには十分注意しましょう。

編集部オススメのドックフード

モグワン

こちらは、新鮮なチキンやサーモンの生肉など良質な動物性たんぱく質を全体の50%以上も使用しています。厳選した原材料を出来るだけ自然のまま使うことにこだわっていて、家庭で手作りするようなシンプルなレシピで仕上げています。添加物は一切使用せず、人工的な香料を使わなくても食欲をそそる香りがして、ワンちゃんが夢中になって食いつく美味しさを実現しています。

カナガン

カナガンはイギリス産の新鮮なチキンの生肉など動物性たんぱく質を全体の60%も使用したプレミアムフードです。原材料は全て人間が食べられる品質にこだわっていて、無添加でしかもグレインフリーなので、犬にとってはまさに理想的なフードと言えます。世界的に動物愛護の国として知られるイギリスで80%以上のリピート率を誇り、多くの愛犬家から支持されています。

ネルソンズ

こちらはイギリスのトップブリーダーが自分の愛犬の健康を考えて開発したドッグフードで、合成添加物や肉の副産物、遺伝子組み換え食品などは一切使用していません。グレインフリーで新鮮なチキンを全体のおよそ半分も使用しているため、高たんぱく低炭水化物の理想的な栄養バランスになっています。良質なたんぱく質は筋肉や骨を発達させ、サーモンオイルは艶やかな毛並みを作りますので、ワンちゃんの健康維持はもちろん見た目の美しさにもこだわりたい飼い主さんにおすすめです。

-犬種別のドッグフード

Copyright© わんわん部 , 2021 All Rights Reserved.