犬種別のドッグフード

【要注意】ウェルシュ・コーギー・ペンブロークにおススメなドッグフードとは

投稿日:

1. ウェルシュ・コーギー・ペンブロークのドッグフードの選び方とは

ウェルシュ・コーギー・ペンブローク

ウェルシュ・コーギー・ペンブローク、通称コーギーは、大きな瞳とピンと立った耳、そしてふわふわの毛に覆われた胴長短足のボディが魅力的ですよね。性格は明るく飼い主に対して従順で、とても賢く社交的なので非常に飼いやすい犬種です。無駄吠えや噛み癖といった問題行動を起こす場合もありますが、きちんとしつけをすればコントロールすることができます。

被毛はダブルコートで抜け毛の量がかなり多めなので、こまめにブラッシングをするようにしましょう。ブラッシングは血行を良くして皮膚の新陳代謝を高めますが、反対にブラッシングをさぼってしまうと皮膚炎の原因になります。そしてふわふわの毛並みを保つためには、ドッグフードでしっかり栄養を補うことも大切です。

また胴長短足の体型なので、椎間板ヘルニアや股関節形成不全などのリスクが高いと言われています。これらの病気を防ぐには、まず太り過ぎに注意することと、骨や関節をサポートする成分が入ったフードを食べるのが効果的です。他にも白内障などの目の病気や尿路結石にもかかりやすいと言われています。危険性の高い添加物や化学薬品を使った粗悪なフードは避け、原材料の質にこだわった安全性の高いフードを選ぶようにしましょう。

2. アランズナチュラルドッグフードがウェルシュ・コーギー・ペンブロークにNo1におススメな理由とは

アランズ ナチュラルドッグフード

アランズ ナチュラルドッグフードは、動物愛護の先進国として知られるイギリスの獣医師や栄養士・植物学者などの協力を得て開発されているため、犬にとって理想的な栄養バランスになっています。コーギーの健康維持に必要な栄養素がたっぷり含まれているため、最もおすすめしたいフードです。
【安全性徹底分析】アランズナチュラルドッグフードの詳細はこちら

2.1 理由① 自然界の犬の食事を再現

野生の犬の食事をできるかぎり忠実に再現するという自然給餌の考え方を元に、自然素材だけで作っています。
人工的に合成した保存料や着色料などは一切使っていませんので、安心して食べさせることができます。

2.2 理由② アレルギーになりやすい食材を使用せず良質なラム肉をたっぷり配合

小麦や大豆、トウモロコシ、牛肉や豚肉は一般的にアレルギーになりやすいと言われているため使用していません。
第一主原料にはイギリス産のラム肉を使用していますが、ラム肉はたんぱく質を多くアレルギーを起こしにくいと言われています。

2.3 理由③ 関節や皮膚に良い成分が入っている

ラム肉やベジタブル・ハーブミックスに、関節の健康維持に欠かせないコンドロイチンやグルコサミンが含まれています。
亜麻仁油にはオメガ3とオメガ6脂肪酸がバランスよく含まれていて、皮膚や被毛を美しく保つ働きがあります。

アランズナチュラルドッグフード 公式サイト→

3. アーテミスオソピュアがウェルシュ・コーギー・ペンブロークにNo2におススメな理由とは

アーテミスオソピュア

アーテミスは、世界25か国以上で愛されるアメリカ産のドッグフードで、アメリカの犬専門誌では長年最高級品質という評価を受けています。
アーテミスのオソピュアは、穀物を使用していないグレインフリーなので、コーギーに最適です。
【安全性徹底分析】アーテミス(オソピュア)のドッグフードの詳細はこちら

3.1 理由① ヒューマングレードの原材料にこだわり人工添加物は不使用

アーテミスは、人間が食べられるほど品質の高い素材しか使用していません。
人工の保存料や着色料なども使用していませんので、安全性の高さが魅力です。

3.2 理由② 穀物の代わりに栄養豊富なひよこ豆を使用

アーテミスオソピュアは、アレルギーの原因になりやすい穀物の代わりに、日本ではひよこ豆の愛称で親しまれるガルバンゾーを使用しています。
ガルバンゾーは、タンパク質やビタミンB1、カルシウムなど豊富な栄養を含んでいます。

3.3 理由③ 動物性タンパク源が選べる

アーテミスオソピュアのドライフードはサーモン、パイソン、ダックの3種類の動物性タンパク源から選ぶことができます。
単一のたんぱく源だとアレルゲンを特定しやすいので安心です

4. ナチュロルがウェルシュ・コーギー・ペンブロークにNo3におススメな理由とは

ナチュロルは獣医師やペット栄養管理士と共同開発した日本製のドッグフードです。
愛犬を健康で長生きさせることを目指し、犬の体に本当に必要なものだけを詰め込んだフードなので、コーギーにもぜひおすすめです。

4.1 理由① 世界で初めて安定・持続型ビタミンCを高濃度で配合

ビタミンCは免疫力を高めてさまざまな病気を予防し、体の内側から美しい毛並みや皮膚を作ってくれます。
ナチュロルには1キロあたり1000㎎ものビタミンCが入っています。

4.2 理由② 新鮮な肉類が55%も入っている

ナチュロルには人間が食べられるほど新鮮で良質な肉や魚が原材料の半分以上も含まれています。
第一主原料には、北海道または兵庫県産の新鮮な牛の生肉が使用されていますので、嗜好性も高いフードに仕上がっています。

4.3 理由③ グレインフリーで無添加

アレルギーや肥満の原因になる穀物やグルテンは一切使われていません。
他にも人工の添加物や肉の副産物、乾燥肉粉、中国産原料など安全性が疑わしいものは使っていませんので、安心して食べさせることができます。

≪100円モニター≫日本製安心のプレミアムドッグフード【ナチュロル】

5. まとめ

コーギーは胴長短足のボディが魅力的で、ちょっとぷっくりするとますます可愛く見えますよね。
ただし肥満は足腰への負担が大きく、さまざまな病気を引き起こす原因にもなりますので、太り過ぎた時はカロリーが低めのフードに切り替えるようにしましょう。
コーギーはもともと牧畜犬として活躍していたので、運動神経がよく運動量も多く必要とする犬種です。
散歩は毎日時間をかけて行い、たくさん一緒に遊んであげるとより絆が深まるでしょう。
物覚えが良いので、ボールを投げて拾わせる遊びがおすすめですよ。

編集部オススメのドックフード

モグワン

こちらは、新鮮なチキンやサーモンの生肉など良質な動物性たんぱく質を全体の50%以上も使用しています。厳選した原材料を出来るだけ自然のまま使うことにこだわっていて、家庭で手作りするようなシンプルなレシピで仕上げています。添加物は一切使用せず、人工的な香料を使わなくても食欲をそそる香りがして、ワンちゃんが夢中になって食いつく美味しさを実現しています。

カナガン

カナガンはイギリス産の新鮮なチキンの生肉など動物性たんぱく質を全体の60%も使用したプレミアムフードです。原材料は全て人間が食べられる品質にこだわっていて、無添加でしかもグレインフリーなので、犬にとってはまさに理想的なフードと言えます。世界的に動物愛護の国として知られるイギリスで80%以上のリピート率を誇り、多くの愛犬家から支持されています。

ネルソンズ

こちらはイギリスのトップブリーダーが自分の愛犬の健康を考えて開発したドッグフードで、合成添加物や肉の副産物、遺伝子組み換え食品などは一切使用していません。グレインフリーで新鮮なチキンを全体のおよそ半分も使用しているため、高たんぱく低炭水化物の理想的な栄養バランスになっています。良質なたんぱく質は筋肉や骨を発達させ、サーモンオイルは艶やかな毛並みを作りますので、ワンちゃんの健康維持はもちろん見た目の美しさにもこだわりたい飼い主さんにおすすめです。

-犬種別のドッグフード

Copyright© わんわん部 , 2021 All Rights Reserved.