犬種別のドッグフード

【要注意】ビーグルにおススメなドッグフードとは

投稿日:

1. ビーグルのドッグフードの選び方とは

ビーグル

もともと狩猟犬として活躍していたビーグルは、小柄なのにがっしりした引き締まった体をしていて、明るくやんちゃな性格から活発に遊ぶのが大好きです。運動不足になるとストレスが溜まって無駄吠えが多くなるケースもありますので、散歩はたっぷり時間をかけて行った方が良いでしょう。

ビーグルの引き締まった体を保つためには、肉類がたっぷり使用されていてたんぱく質が豊富に含まれたドッグフードが最適です。ただしビーグルは食欲が旺盛なので、欲しがるだけ与えてしまうと太りやすい傾向があります。太り過ぎると糖尿病や椎間板ヘルニアなどの病気のリスクが高くなりますので、カロリーや脂質が控えめのドッグフードで体重をコントロールするようにしましょう。

被毛は短いためトリミングの必要はありませんが、ダブルコートなので特に換毛期には抜け毛が大量になります。普段からこまめにブラッシングをすると、抜け毛が散らかりにくいですし、ブラシのマッサージ効果によって毛並みを美しく保つことができます。

比較的丈夫な犬種ですが、てんかんや緑内障、アトピー性皮膚炎、外耳炎などの病気にかかりやすい傾向があります。病気のリスクを減らすには、合成の添加物や粗悪な原材料を使った安いドッグフードは避けて、高品質なものを選ぶようにしましょう。

2. ネルソンズがビーグルにNo1におススメな理由とは

ネルソンズ

ネルソンズはイギリス生まれのドッグフードで、生後7ヶ月から7歳ごろまでの成犬に適しています。
トップブリーダーが手作りフードのレシピを再現して開発したため、肉と野菜など素材のバランスがよく、犬の体に負担がかからないように作られています。
【安全性徹底分析】ネルソンズのドッグフードの詳細はこちら

2.1 理由① 高たんぱく低炭水化物

肉食動物の犬は穀物を消化するのが苦手なので、ネルソンズは穀物を一切使わずに炭水化物を低めに抑え、新鮮なチキンをふんだんに使用しています。
たんぱく質の割合が高いため消化吸収に優れ、筋肉や骨の発達に効果的です。

2.2 理由② 腸内環境を改善する成分が入っている

サツマイモは食物繊維が豊富なので便秘を予防してくれるほか、食べた後にゆっくり体内に吸収されるため、肥満を防ぐことができます。
オリゴ糖は腸内環境を良くして免疫力を高める働きがあります。

2.3 理由③ 関節や皮膚に良い成分が入っている

ネルソンズには軟骨成分に欠かせないグルコサミンやコンドロイチンが含まれていますので、関節の病気を防ぐことができます。
サーモンオイルに含まれるオメガ3脂肪酸は皮膚の健康や関節炎の予防などさまざまな健康効果があります。

ネルソンズ ドッグフード 公式サイト→

3. オリジンがビーグルにNo2におススメな理由とは

オリジン

世界中の愛犬家から高い支持を受け、毎年多くの賞を受賞しているオリジンは、犬の生物学的に適正な栄養素を配合したドッグフードです。
豊富なラインナップがありますが、ビーグルにおすすめなのは体重管理用のフィット&トリムです。
【安全性徹底分析】オリジンのドッグフードの詳細はこちら

3.1 理由① 高たんぱく低炭水化物

オリジンは原材料の85%も肉や魚、卵などの動物性タンパク源を使用し、穀物やじゃがいもなどを使わず、炭水化物を低めに抑えています。
ダイエット中は筋肉も落ちやすいので、カロリーと炭水化物を減らしつつもたんぱく質はしっかり摂ることが大切です。

3.2 理由② 素材本来の栄養が生きている

オリジンに使用されている肉類の3分の2は新鮮な生肉なので、素材が持っている栄養素をしっかり摂取することができます。
残りの1/3は、低温の風で乾燥させることによって良質なたんぱく質を凝縮させています。

3.3 理由③ 地元の新鮮な原材料を使用

オリジンの製造工場は、ケンタッキー州の肥沃な農地やアパラチア地域の牧場地などの農業が盛んな地域にあるため、地元で生産された食材を新鮮なうちに運んで調理することができます。
肉類などの食材は加工する前に人間用食材として認定を受けた高品質なものです。

4. フィッシュ4がビーグルにNo3におススメな理由とは

フィッシュ4

フィッシュ4は魚を主原料に使用したイギリス産のドッグフードです。
イギリスの伝統ある水産会社から独立した会社が開発を手掛けていて、多くの犬たちが食物アレルギーに悩まされている現状を見直そうと、犬の健康について真剣に考えた結果、安心して与えられる魚をメインにしたフードを開発しました。
【安全性徹底分析】フィッシュ4ドッグのドッグフードの詳細はこちら

4.1 理由① 高たんぱく低カロリー

フィッシュ4には魚の良質なたんぱく質が豊富に含まれています。
魚のタンパク質は、動物の肉よりも消化吸収に優れていて、質の良いほど栄養価が高くなり犬の健康に大きな効果をもたらします。
一方で魚は肉に比べてカロリーや脂質が控えめなので、太りやすいビーグルに最適です。

4.2 理由② さまざまな健康効果のあるオメガ3脂肪酸が入っている

魚の皮やサーモンオイルには、オメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。
オメガ3は皮膚や被毛にツヤを与えるほか、動脈硬化や心臓病の予防、関節炎の予防、免疫力アップ、脳や眼機能の維持、アレルギー症状の軽減、ダイエット効果など、実にさまざまな健康効果が期待できます。

4.3 理由③ グレインフリーで低GI

フィッシュ4は米やトウモロコシなどの穀物を一切使用せず、炭水化物源として低GIのポテトとエンドウを使用しています。
GI値が低いと食後の血糖値の上昇が緩やかになるため、心臓病や糖尿病のリスクが減り、肥満を予防することができます。

5. まとめ

ビーグルは食いしん坊で好奇心も旺盛なので、人間が食べているものを欲しがったり、散歩中に拾い食いをしてしまったりするケースもあります。
可愛さからつい許してしまうと、最悪の場合命にかかわる可能性もありますので、子犬の頃からきちんとしつけをして、食べるものを管理していくことが大切です。
人懐っこく寂しがり屋の性格なので、毎日たっぷりコミュニケーションを取りながら一緒に遊んであげると、ストレスが溜まりにくく病気のリスクも減らせるでしょう。

編集部オススメのドックフード

モグワン

こちらは、新鮮なチキンやサーモンの生肉など良質な動物性たんぱく質を全体の50%以上も使用しています。厳選した原材料を出来るだけ自然のまま使うことにこだわっていて、家庭で手作りするようなシンプルなレシピで仕上げています。添加物は一切使用せず、人工的な香料を使わなくても食欲をそそる香りがして、ワンちゃんが夢中になって食いつく美味しさを実現しています。

カナガン

カナガンはイギリス産の新鮮なチキンの生肉など動物性たんぱく質を全体の60%も使用したプレミアムフードです。原材料は全て人間が食べられる品質にこだわっていて、無添加でしかもグレインフリーなので、犬にとってはまさに理想的なフードと言えます。世界的に動物愛護の国として知られるイギリスで80%以上のリピート率を誇り、多くの愛犬家から支持されています。

ネルソンズ

こちらはイギリスのトップブリーダーが自分の愛犬の健康を考えて開発したドッグフードで、合成添加物や肉の副産物、遺伝子組み換え食品などは一切使用していません。グレインフリーで新鮮なチキンを全体のおよそ半分も使用しているため、高たんぱく低炭水化物の理想的な栄養バランスになっています。良質なたんぱく質は筋肉や骨を発達させ、サーモンオイルは艶やかな毛並みを作りますので、ワンちゃんの健康維持はもちろん見た目の美しさにもこだわりたい飼い主さんにおすすめです。

-犬種別のドッグフード

Copyright© わんわん部 , 2021 All Rights Reserved.