犬種別のドッグフード

【要注意】ボーダー・コリーにおススメなドッグフードとは

投稿日:

1. ボーダー・コリーのドッグフードの選び方とは

ボーダー・コリー

とても頭がよく運動神経も良いボーダー・コリーは、きちんとしつけをすれば飼い主の言うことを理解し、要求されていることに応えようとする意欲も高いので、アジリティの大会で優勝するなどの活躍が目立ちます。
スタミナがあり運動量も多く必要とするので、毎日の散歩はたっぷり時間をかけて行いましょう。
運動神経が抜群なので、フリスビーをキャッチして遊んだりするのがとても得意です。
ただし子犬の頃や成長期にあまり激しい運動をすると、股関節形成不全や離断性骨軟骨症などの関節の病気を発症することもありますので、ジャンプをさせるなど足腰に負担がかかる運動はなるべく控えた方が良いでしょう。
関節の病気を防ぐにはまず筋肉をつけることが重要なので、ドッグフードはたんぱく質の含有量が多いものがおすすめですし、骨や関節を丈夫にする成分が配合されているものであればさらに理想的です。
またボーダー・コリーは皮膚が弱く、膿皮症や日光性皮膚炎などの皮膚疾患を起こしやすい傾向がありますので、こまめにブラッシングやシャンプーをして皮膚や被毛を清潔に保つようにしましょう。
ドッグフードはアレルギーを起こしやすい食材を使用していないものや、皮膚や被毛に効果的な成分が入ったものがおすすめです。

2. カナガンがボーダー・コリーにNo1におススメな理由とは

カナガン

カナガンはイギリス産の最高級ドッグフードで、犬が求める栄養素に着目し必要なものだけを配合しています。
ペット愛護の先進国として知られるイギリスで80%以上のリピート率を誇っていて、多くの愛犬家から高い支持を得ています。
【安全性徹底分析】カナガンのドッグフードの詳細はこちら

2.1 理由① グレインフリーで高たんぱく質

米やトウモロコシなどの穀物は肥満やアレルギーの原因になりやすいため、カナガンは一切使用していません。
その代わりに新鮮なチキンをたっぷり配合していますので、たんぱく質が豊富で骨や筋肉を丈夫にしてくれます。

2.2 理由② 炭水化物源に栄養豊富なさつまいもを使用

さつまいもは消化が良く、食物繊維が腸内環境を改善します。
食べた後にゆっくり体に吸収されるため、食後の血糖値が上がりにくく、脂肪の蓄積や糖尿病などを防ぐことができます。

2.3 理由③ 関節や皮膚に良い成分が配合されている

カナガンには軟骨を構成するコンドロイチンやグルコサミンが豊富に含まれているため、関節の動きを滑らかにしてトラブルを防ぐことができます。
海藻に含まれるオメガ3脂肪酸は皮膚や被毛を健やかに保ってくれます。

カナガン ドッグフード 専用サイト→

3. トライプドライがボーダー・コリーにNo2におススメな理由とは

トライプドライは、牛や鹿など反すう動物の胃袋(グリーントライプ)を第一主原料に使用したドッグフードです。
グリーントライプには犬にとって必要な栄養素がたっぷり含まれていて、しかも消化吸収しやすいため、ドッグフードの理想的な食材としてここ数年注目が高まっています。

3.1 理由① グリーントライプにはアミノ酸が豊富に含まれている

筋肉や関節を維持するプロリンや疲労に対する抵抗力を高める働きがあるアスパラギン酸、
筋肉のエネルギー源となるロイシンなど、7つの主要アミノ酸が犬の健康に高い効果を発揮します。

3.2 理由② グリーントライプには不飽和脂肪酸が入っている

グリーントライプにはオメガ3やオメガ6、オメガ9が豊富に含まれています。
オメガ3とオメガ6は皮膚や被毛の健康に効果的で、オメガ9は、腸内環境の改善や脂肪の燃焼、糖尿病の予防などの効果が期待でき、免疫力アップにつながります。

3.3 理由③ グレインフリーで無添加

トライプドライは、小麦や大豆などの穀物や人工的に合成した酸化防止剤などの添加物を一切使用していませんので、アレルギー体質のワンちゃんも安心して食べることができます。
酸化防止剤は天然成分のミックストコフェロールやクエン酸、ローズマリー抽出液を使用しています。

4. キアオラがボーダー・コリーにNo3におススメな理由とは

キアオラは農業大国ニュージーランドの高品質な原材料を使用したドッグフードです。
ニュージーランド産の肉や魚介、乳製品は、安全性の高い方法で生産されていて、世界的に優れた品質であると高い評価を受けています。

4.1 理由① 肉類が豊富で高たんぱく質

肉類を最大限に配合しているため、栄養豊富なハイプロテインフードに仕上がっています。
野生の頃の食事に近づけるため骨をすりつぶして配合していますので、カルシウムを補給することもできます。

4.2 理由② 食物アレルギーに配慮している

キアオラは、ベニソン、ラム、グラスフェッドビーフの3種類のラインナップがありますが、動物性タンパク源を「単一肉原料+サーモン」に絞っているため、獣類に食物アレルギーがあるワンちゃんも安心して利用することができます。

4.3 理由③ 自然放牧で育った栄養価の高い肉を使用

キアオラに使用されているベニソン、ラム、グラスフェッドビーフはどれも1年を通じて自然放牧で育てられていて、肉に栄養と旨みが凝縮しています。
成長ホルモン剤などの薬剤を使用せず、トレーサビリティが徹底した牧場から仕入れていますので安全性も高いです。

5. まとめ

ずば抜けた賢さと高い身体能力を持つボーダー・コリーは丈夫そうに見えて、実はさまざまな病気のリスクを抱えています。
医学の進歩から寿命は延びつつあり、平均で10歳以上まで生きるコが増えていますが、
重要なのは健康で長生きすることです。
歳をとってもボーダー・コリーらしく活発に遊べる体をキープするには、毎日の食事の管理と、適度な運動をしながらストレスのない生活を送ることが大切です。
肥満は病気やケガにつながりますので、フードやおやつの与えすぎはくれぐれもご注意ください。

編集部オススメのドックフード

モグワン

こちらは、新鮮なチキンやサーモンの生肉など良質な動物性たんぱく質を全体の50%以上も使用しています。厳選した原材料を出来るだけ自然のまま使うことにこだわっていて、家庭で手作りするようなシンプルなレシピで仕上げています。添加物は一切使用せず、人工的な香料を使わなくても食欲をそそる香りがして、ワンちゃんが夢中になって食いつく美味しさを実現しています。

カナガン

カナガンはイギリス産の新鮮なチキンの生肉など動物性たんぱく質を全体の60%も使用したプレミアムフードです。原材料は全て人間が食べられる品質にこだわっていて、無添加でしかもグレインフリーなので、犬にとってはまさに理想的なフードと言えます。世界的に動物愛護の国として知られるイギリスで80%以上のリピート率を誇り、多くの愛犬家から支持されています。

ネルソンズ

こちらはイギリスのトップブリーダーが自分の愛犬の健康を考えて開発したドッグフードで、合成添加物や肉の副産物、遺伝子組み換え食品などは一切使用していません。グレインフリーで新鮮なチキンを全体のおよそ半分も使用しているため、高たんぱく低炭水化物の理想的な栄養バランスになっています。良質なたんぱく質は筋肉や骨を発達させ、サーモンオイルは艶やかな毛並みを作りますので、ワンちゃんの健康維持はもちろん見た目の美しさにもこだわりたい飼い主さんにおすすめです。

-犬種別のドッグフード

Copyright© わんわん部 , 2021 All Rights Reserved.