犬種別のドッグフード

【要注意】ラブラドール・レトリーバーにおススメなドッグフードとは

投稿日:

1. ラブラドール・レトリーバーのドッグフードの選び方とは

ラブラドール・レトリーバー

短い被毛と大きくがっしりした体型が特徴のラブラドール・レトリーバーは、非常に頭がよく社交性もあり、盲導犬や災害救助犬などさまざまな分野で活躍している大型犬です。
かかりやすい病気としては、悪性腫瘍や悪性リンパ腫、糖尿病、白内障や緑内障などの目の病気、股関節形成不全など骨や関節の病気などが挙げられます。
悪性腫瘍を発症した場合、抗がん剤治療などを行えばガンを小さくすることはできますが、完治することは少なく、結果的に死に至るケースが多いのが現状です。
病気の発症を防ぐには、できるだけ高品質で安全性の高いドッグフードを食べさせることが一番です。
人工的に合成された添加物や化学物質が入っているフードは避けて、免疫力を高める成分が入っているものを選ぶと良いでしょう。
骨や関節の病気を予防するには、たんぱく質が豊富で骨や関節を丈夫にする成分が入っているフードがおすすめです。
活発に遊ぶことが好きで運動量を多く必要とする犬種なので、毎日の散歩は1時間以上かけて行いましょう。
太り過ぎは足腰への負担が大きくなりますので、肥満が気になってきたら食事の量を少なめにするか、肥満犬用のフードに切り替えるのが良いですね。

2. カナガンがラブラドール・レトリーバーにNo1におススメな理由とは

カナガン

カナガンはペット先進国として知られるイギリスで開発されたプレミアムフードで、英国王室から表彰されるほど高い評価を受けています。
厳選された原材料を使用した安全性の高いフードなので、ラブラドール・レトリーバーに最適です。
【安全性徹底分析】カナガンのドッグフードの詳細はこちら

2.1 理由① グレインフリーで動物性タンパク質が豊富

アレルギーや肥満の原因になりやすい穀物は使用せず、イギリスで平飼いされた新鮮なチキンの生肉がふんだんに使用されています。
チキンは骨や筋肉に欠かせないたんぱく質、骨や歯を形成するリン、そして免疫力を高めるセレンなど栄養が豊富に含まれています。

2.2 理由② 関節に良い成分が入っている

カナガンには、関節の軟骨成分をサポートするコンドロイチンやグルコサミンが豊富に含まれているため、毎日摂取することによって関節の病気を防ぐことができます。
サーモンオイルや海藻に含まれるオメガ3脂肪酸も、関節炎の予防に効果的です。

2.3 理由③ 免疫力を高める成分が入っている

フラクトオリゴ糖は腸内の善玉菌を増やし、免疫力を高める効果があります。
マリーゴールドやカモミールには抗酸化作用や抗炎症作用があり、免疫力アップに効果的です。

カナガン ドッグフード 専用サイト→

3. アーガイルディッシュがラブラドール・レトリーバーにNo2におススメな理由とは

アーガイルディッシュ

こちらは日本の犬たちの生活環境や食事の習慣などを考えて開発されたドッグフードです。
オーストラリアで認証を受けたオーガニック食材がふんだんに使われていて、完成したフード自体もオーガニック認証を受けています。
【安全性徹底分析】アーガイルディッシュのドッグフードの詳細はこちら

3.1 理由① トレーサビリティ可能な原材料

オーガニック認証を受けた食材は、いつだれがどこでどのように生産したものか、さかのぼって追跡調査することができます。
オーストラリアはオーガニック先進国で、認証を受けるための基準は世界でトップクラスの厳しさを誇ります。

3.2 理由② 理想的なアミノ酸バランスと必須脂肪酸を配合

オーガニックの肉類に植物性たんぱく質のひまわり種子をプラスして、アミノ酸のバランスを整えています。
オメガ3やオメガ6といった必須脂肪酸もバランスよく配合しているため、皮膚や被毛を健やかに保つなどの効果が期待できます。

3.3 理由③ 少量ずつ限定生産

アーガイルディッシュは、貴重なオーガニック食材を無駄にしたくないという思いから、フードを生産する回数を1年で3~4回だけに限定しています。
大量生産をしないため、いつでも出来たての新鮮なフードを食べさせることができます。

4. アートゥーがラブラドール・レトリーバーにNo3におススメな理由とは

アートゥーはフィンランド語で「高貴な狼」という意味です。
狼と犬は共通の祖先をもち、必要なエネルギーや栄養素は基本的に同じ動物性タンパク源から摂取することから、犬が効率よく消化して栄養をしっかり吸収できて、なおかつ美味しくて満足度の高いフードをコンセプトに開発されました。

4.1 理由① 新鮮で良質な肉類が原材料の80%も占めている

アートゥーは、チキン、ダック、サーモン&ニシンの3種類のラインナップがありますが、それぞれ新鮮な生肉をベースにした肉類が原材料の80%も配合されています。
たんぱく源を1種類に絞っているので、獣類にアレルギーがあるワンちゃんでも安心です。

4.2 理由② 無添加でグレインフリー

アートゥーは、合成着色料や保存料、合成香料、遺伝子組換原料は一切使用していません。
また小麦や米などの穀物やジャガイモ、グルテンも肥満やアレルギーにつながりやすいため、使用していません。

4.3 理由③ 残り20%は野菜など天然原料

肉類をのぞいた残りの20%は、野菜が8種類、果物が8種類、ハーブが8種類、そして植物由来原料やスパイスが8種類と、天然原料が32種類も入っています。
天然素材にしかない栄養や旨みが生きており、ワンちゃんの健康をしっかり支えます。

5. まとめ

温和で賢く能力が高いラブラドール・レトリーバーは、丈夫そうに見えてさまざまな病気のリスクを抱えていて、平均寿命は10歳前後とやや短めです。
健康で長生きさせるには、ストレスの少ない生活環境と十分な運動、そして安全で栄養価の高い食事が重要です。
ただし食事の後すぐに激しい運動をすると、胃捻転を起こして最悪の場合死に至るケースもありますのでくれぐれもご注意ください。
またラブラドール・レトリーバーは暑さに弱いので、夏はエアコンで室温を調節するなど熱中症対策も必要です。

編集部オススメのドックフード

モグワン

こちらは、新鮮なチキンやサーモンの生肉など良質な動物性たんぱく質を全体の50%以上も使用しています。厳選した原材料を出来るだけ自然のまま使うことにこだわっていて、家庭で手作りするようなシンプルなレシピで仕上げています。添加物は一切使用せず、人工的な香料を使わなくても食欲をそそる香りがして、ワンちゃんが夢中になって食いつく美味しさを実現しています。

カナガン

カナガンはイギリス産の新鮮なチキンの生肉など動物性たんぱく質を全体の60%も使用したプレミアムフードです。原材料は全て人間が食べられる品質にこだわっていて、無添加でしかもグレインフリーなので、犬にとってはまさに理想的なフードと言えます。世界的に動物愛護の国として知られるイギリスで80%以上のリピート率を誇り、多くの愛犬家から支持されています。

ネルソンズ

こちらはイギリスのトップブリーダーが自分の愛犬の健康を考えて開発したドッグフードで、合成添加物や肉の副産物、遺伝子組み換え食品などは一切使用していません。グレインフリーで新鮮なチキンを全体のおよそ半分も使用しているため、高たんぱく低炭水化物の理想的な栄養バランスになっています。良質なたんぱく質は筋肉や骨を発達させ、サーモンオイルは艶やかな毛並みを作りますので、ワンちゃんの健康維持はもちろん見た目の美しさにもこだわりたい飼い主さんにおすすめです。

-犬種別のドッグフード

Copyright© わんわん部 , 2021 All Rights Reserved.