ドッグフード一覧

【安全性徹底分析】ヤラー(オーガニック)のドッグフード

投稿日:

ヤラー(オーガニック)はどんなドッグフード?

ヤラー(オーガニック)

●世界で初めてのオーガニックペットフードで、現在もナンバー1シェアを誇り、ヨーロッパ5カ国からオーガニック認証を取得
●抗生物質や合成ホルモン剤、遺伝子組換え作物なども不使用で、できるだけ自然に近い環境で育てることで、本来のうまみを引き出す

獣医師の先生による評価

ヤラー(オーガニック)の評価:

手間暇かけて生産されたオーガニックの原材料をたっぷり使っているので安全性は非常に高いですが、穀物がいくつか入っているのでアレルギー持ちのワンちゃんには不向きです。

酸化防止剤は天然のものを使用しており、クールコンテナで輸送することで新鮮さをキープしている点などは素晴らしいですね。ひまわりの種皮は人間向けにはサプリメントも売られていますが、犬に効果があるかは疑問です。

ヤラー(オーガニック)のドッグフード目次

1. ヤラー(オーガニック)はこんなワンちゃんにオススメ!

自然に近い形で育てた原材料を使うことにこだわり、公的な機関からも認証を受けていることから、粗悪なものが含まれている心配がありません。

ワンちゃんの皮膚炎などの症状は、原材料に含まれる残留農薬や化学物質が引き起こしている場合があるため、オーガニックの食材を食べさせることで、免疫力や自然治癒力を高め症状の改善が期待できます。原因不明のアレルギー症状に悩み、フード選びに悩んでいる飼い主さんは一度試してみると良いでしょう。

2. ヤラー(オーガニック)の基本情報

【 成犬用100%オーガニックフードの場合 】

価格(税込) 600g:1,760円 / 2㎏:5,184円 / 
5㎏:11,340円 / 10㎏:21,578円 (公式サイト)
1㎏あたりの価格 約2,158円~約2,933円
カロリー 370kcal/100g
メイン食材 トウモロコシ
生産国 オランダ
酸化防止剤 ローズマリー抽出物、ビタミンE
着色料・香料 不使用
穀物 トウモロコシ、小麦、大豆外皮
対応年齢 成犬用
賞味期限 製造日から1年
開封後は密封し冷暗所保存をして1ヶ月程度で消費
購入できる場所

ネットショップ

公式サイトなど

3. ヤラー(オーガニック)にはどんな成分が含まれているの?

オーガニックにこだわっているため原材料の質は最高ですが、とうもろこしや小麦などの穀類が最も多く入っているのはマイナスポイントです。穀物はアレルギーを起こしやすく、肉食のワンちゃんが必要なたんぱく質を十分に摂取できないため、ドッグフードにはあまり適していません。

3.1 ヤラー(オーガニック)のドッグフード原材料

【 成犬用100%オーガニックフードの場合 】

トウモロコシ* 小麦* 鶏肉* 鶏内臓肉*
大豆外皮* ひまわりの種皮* 鶏脂* イースト
ビタミン類※ ミネラル類※ 酸化防止剤※

(*=オーガニック認定原材料)
※ビタミン類:VC、VB3、VB12、パントテン酸、塩化コリン、ビオチン、VA、VB2、VK、VB1、葉酸、VD3
※ミネラル類:炭酸カルシウム、塩化ナトリウム、硫酸亜鉛、硫酸鉄、酸化マンガン、硫酸銅、硫酸コバルト、ヨウ化カリウム、亜セレン酸Na
※酸化防止剤:ローズマリー抽出物、ビタミンE

3.2 ヤラー(オーガニック)のドッグフード成分

【 成犬用100%オーガニックフードの場合 】

粗たんぱく質 25% リン 0.9%
粗脂肪 8% ナトリウム 0.3%
粗灰分 6% マグネシウム 0.12%
粗繊維 2.5% ビタミンA 15,000IU
水分 9% ビタミンD 1,300IU
炭水化物 49.5% ビタミンE 110㎎/kg
カルシウム 1.2%

ヤラー(オーガニック) ドッグフード 通販サイト→

4. ヤラー(オーガニック)はどんな効果が期待できるの?

●原料のチキンは、広々とした環境でたくさん運動をしながら、ストレスなく育てられているため、身が引き締まっていて余分な脂肪がついていません。その分カロリーを低く抑えることが出来るため、ワンちゃんが食べても太りにくく、肥満で悩んでいるワンちゃんにおススメです。鶏に与えるエサに関しても遺伝子組み換え作物などは使用せず、抗生物質や合成ホルモン剤を使って無理やり成長を早めることもしていませんので、鶏本来の旨みが凝縮され、ワンちゃんの食いつきを良くします。

●基本的にはオーガニックの原料を食べたからといって、何か特定の病気が防げるわけではありませんが、免疫力が高まることで病気を防いだり、炎症や傷などを自分の力で治したりする力が身につきます。免疫力や自然治癒力を高めるには、合成されたサプリメントよりも自然素材を多く摂取することが大切なので、愛犬に元気で長生きしてもらいたいと願うなら、オーガニックや無添加にこだわったフードを選ぶことが一番です。

●中には肉類を食べると、下痢や皮膚炎などのアレルギーを起こしてしまうワンちゃんもいます。そんな動物性たんぱく質にアレルギーを持つワンちゃんには、肉類を一切使用していないオーガニックベジタリアンがおススメです。動物性の原材料の代わりに大豆たんぱくを用いることでたんぱく質を補っています。カロリーが低めなので、太り気味のワンちゃんにもぴったりなフードです。

5. ヤラー(オーガニック)の口コミ

5.1 ヤラー(オーガニック)の良い口コミ

●ヤラーオーガニックは4年前から使っていて、今12歳になります。毛艶が良く足取りも元気なので、いつも年齢より若そうと言われています。お高いですがいつまでも元気でいてもらいたいので、これからも続けていきたいと思います。

●このフードに変えてからはお腹を壊すこともなく、薄かった毛が生えてきました。他の子は涙焼けがひどかったのですが、今ではすごくきれいになり、体重も落とすことができました。値段は高めですが、ほかにはもう変えられません。

5.2 ヤラー(オーガニック)の悪い口コミ

サンプルを購入し、いつものフードにほんの少しふりかけ程度にヤラーをあげてみたところ、次の日うちの3頭ともゆるゆるウンチになってしまいました。オーガニックは良いですが、穀物が多いと思います。

ヤラー(オーガニック) ドッグフード 通販サイト→

6. まとめ

穀物が第一主原料になっているのは、肉食のワンちゃんの食事としてはあまりおすすめできませんが、口コミを見るとこのフードに変えてから体調が良くなったというワンちゃんも多く見られます。気になった方は600グラムの小さいパックで試してみて、ワンちゃんの体質に合っているのか確認してみましょう。穀物にアレルギーがある場合は、ヤラーのセンシティブやグレインフリーがおススメです。

編集部オススメのドックフード

モグワン

こちらは、新鮮なチキンやサーモンの生肉など良質な動物性たんぱく質を全体の50%以上も使用しています。厳選した原材料を出来るだけ自然のまま使うことにこだわっていて、家庭で手作りするようなシンプルなレシピで仕上げています。添加物は一切使用せず、人工的な香料を使わなくても食欲をそそる香りがして、ワンちゃんが夢中になって食いつく美味しさを実現しています。

カナガン

カナガンはイギリス産の新鮮なチキンの生肉など動物性たんぱく質を全体の60%も使用したプレミアムフードです。原材料は全て人間が食べられる品質にこだわっていて、無添加でしかもグレインフリーなので、犬にとってはまさに理想的なフードと言えます。世界的に動物愛護の国として知られるイギリスで80%以上のリピート率を誇り、多くの愛犬家から支持されています。

ネルソンズ

こちらはイギリスのトップブリーダーが自分の愛犬の健康を考えて開発したドッグフードで、合成添加物や肉の副産物、遺伝子組み換え食品などは一切使用していません。グレインフリーで新鮮なチキンを全体のおよそ半分も使用しているため、高たんぱく低炭水化物の理想的な栄養バランスになっています。良質なたんぱく質は筋肉や骨を発達させ、サーモンオイルは艶やかな毛並みを作りますので、ワンちゃんの健康維持はもちろん見た目の美しさにもこだわりたい飼い主さんにおすすめです。

-ドッグフード一覧

Copyright© わんわん部 , 2021 All Rights Reserved.