ドッグフード一覧

【安全性徹底分析】ロータスのドッグフード

投稿日:

ロータスはどんなドッグフード?

lotus

●人間が食べられるヒューマングレードの原材料を使ったプレミアムフード
●合成の保存料や着色料などの添加物を使用せず、アレルギーを起こしにくい穀物を使用
●オーブンで焼くことによって嗜好性と栄養の吸収率をアップ!

獣医師の先生による評価

ロータスの評価:

原材料は人間の食品としても使用できるほど高品質なものにこだわっていますし、栄養と旨みを逃がさないオーブン調理を採用している点も素晴らしいと思います。

穀物が入っていますが、比較的アレルギーを起こしにくい種類を選んでいるようですね。ただし、犬にとっては有害となる可能性があるニンニクが入っているのがやや気になるところです。

ロータスのドッグフード目次

1. ロータスはこんなワンちゃんにオススメ!

原料の安全性と品質の高さに定評のあるロータスは、アレルギー体質のワンちゃんに配慮してアレルギーを起こしにくい穀物を使用しています。

穀物にアレルギーがある場合は、グレインフリーのシリーズもありますので、フードによって体調を崩しやすいワンちゃんにおススメです。オーブンを使って低温でじっくりと焼き上げるため、一般的な製法と比べて時間がかかりますが、栄養が吸収しやすくなり、旨みも凝縮するというメリットがあります。

2. ロータスの基本情報(アダルトチキンレシピの場合)

価格(税別) 1㎏ 2,400円 / 2.72㎏ 4,950円 / 6㎏ 9,500円 (公式サイト)
1㎏あたりの価格 約1,583円~2,400円
カロリー 368.5kcal/100g
メイン食材 チキン
生産国 カナダ
酸化防止剤 ミックストコフェロール(天然ビタミンE)、クエン酸
着色料・香料 なし
穀物 挽き割りライ麦、挽き割り玄米、挽き割り大麦、オートミール
対応年齢 1歳~7歳くらいまでの成犬用
賞味期限 製造日より13ヶ月
開封後は密封して冷暗所保存で1ヶ月以内に消費
購入できる場所 ネットショップ ペットショップなど

3. ロータスにはどんな成分が含まれているの?

本来は好ましくないチキンミールが含まれていますが、メーカーによると人間が食べられないような肉の副産物は含まれていないということなので、安心して大丈夫です。にんにくや海塩も含まれていますが、ごく少量であれば問題ないでしょう。

3.1 ロータスのドッグフード原材料(アダルトチキンレシピの場合)

チキン チキンミール 挽き割りライ麦 挽き割り玄米
白身魚 挽き割り大麦 オートミール エンドウ豆繊維
オイルブレンド※ 酸化防止剤※ 乾燥全卵 乾燥ビール酵母
かぼちゃ りんご さつまいも 人参
ほうれん草 ブルーベリー フラックスシード にんにく
海塩 亜鉛アミノ酸キレート ビタミンC グルコサミン
コンドロイチン 鉄アミノ酸キレート アルドフィルス菌 ラクティス菌
カセイ菌 チコリ根 ユッカ 乾燥ケルプ(海草)
ビタミンE グレープシードエキス 銅アミノ酸キレート マンガンアミノ酸キレート
ナイアシン ナトリウム亜セレン酸塩 カルシウムパントテン酸塩 葉酸
ビタミンA リボフラビン(ビタミンB2) カルシウムヨウ素酸塩 ビタミンB12
チアミンモノニレイト(ビタミンB1) 塩酸ピリドキシン(ビタミンB6) ビタミンD3 ローズマリーエキス

※オイルブレンド:大豆オイル、オリーブオイル、サーモンオイル、月見草オイル
※酸化防止剤:ミックストコフェロール(天然ビタミンE)、クエン酸

3.2 ロータスのドッグフード成分(アダルトチキンレシピの場合)

粗タンパク質 24%以上 オメガ6脂肪酸 2.5%以上
粗脂肪 12%以上 ナトリウム 0.27%
粗繊維 4.5%以下 マグネシウム 0.17%
粗灰分 5.9%以下 ビタミンE 100IU/㎏以上
カルシウム 1%以上 アスコルビン酸 250㎎/㎏以上
リン 0.8%以上 グルコサミン 600㎎/㎏以上
水分 10%以下 コンドロイチン 450㎎/㎏以上
オメガ3脂肪酸 0.5%以上
↓

おススメのドッグフードをチェック→

4. ロータスはどんな効果が期待できるの?

●ロータスの原材料は、飼育や栽培の段階から安全性にこだわって作られています。鶏や羊などは成長を促進するホルモン剤などを使わず、リンゴやサツマイモなどの青果は有機栽培のものを使用しています。
一般的にドッグフードに含まれているチキンミールやラムミールなどには、人間が食べられない内臓や歯、くちばしなどの肉の副産物が混ぜられていることが多いのですが、ロータスはこうした副産物を一切使用していません。原材料は全てヒューマングレードなので、愛犬に高品質なフードを食べさせたいという飼い主さんにおススメです。

●小麦や大豆、トウモロコシなどアレルギーを引き起こしやすい穀物を使わずに、ライ麦や玄米など比較的アレルギーを起こしにくい穀物を使用しています。
もしこれらの穀物にアレルギーがある場合は、グレインフリーのシリーズがおすすめです。また、オリーブオイルやサーモンオイル、月見草オイルなどをブレンドすることによって、オメガ6とオメガ3がバランスよく配合され、ワンちゃんの毛艶を美しくして、皮膚の痒みや湿疹を防ぐ効果が期待できます。

●グレープシードオイルは、強力な抗酸化作用がありますし、プロバイオティクスは腸内環境を正常化する働きがあります。これらを摂取すると免疫力が高まり、病気を防いだり老化の進行を遅らせたりなど、さまざまな健康効果が期待できます。
年齢を重ねて体力が落ちてきたシニア犬はもちろんですが、若いうちからこうした有効成分を継続的に摂取しておくと病気にかかりにくくなります。

5. ロータスの口コミ

5.1 ロータスの良い口コミ

●あまりフードを積極的に食べてくれなかった愛犬が、ロータスだけはトッピングをせずにそのままで美味しそうに食べるので、2年ぐらいリピートをしています。油っぽさがなく、クッキーのような感じなので体に良さそうな感じがします。

●このフード食べさせてからは、涙やけが前と比べものにならないくらい良くなりました。
どうやら涙の成分が良くなるようです。値段は高めですが、それなりの効果が出て健康でいられるので続けています。

5.2 ロータスの悪い口コミ

うちの犬はフードを丸飲みするので、ふやかしてから与えないと吐いてしまいます。
安心して与えられるとても良いフードですが、ぎゅっと固めてあるので、消化が苦手な子や早食いの子は、ふやかしてあげたほうがいいと思います。

↓

おススメのドッグフードをチェック→

6. まとめ

原材料の質や安全性は申し分なく、粗悪な原料や添加物も使われていないので、愛犬にぜひ食べさせたいプレミアムフードと言えるでしょう。値段は少し高めですが、この原材料を見れば納得できるはずです。

「一度ロータスを食べさせたらもう他には変えられない」というくらい、このフードにほれ込んでいる飼い主さんも多いようです。アレルギー体質でなかなかしっくりくるフードが見つからないという方は、ぜひ一度試してみましょう。

編集部オススメのドックフード

モグワン

こちらは、新鮮なチキンやサーモンの生肉など良質な動物性たんぱく質を全体の50%以上も使用しています。厳選した原材料を出来るだけ自然のまま使うことにこだわっていて、家庭で手作りするようなシンプルなレシピで仕上げています。添加物は一切使用せず、人工的な香料を使わなくても食欲をそそる香りがして、ワンちゃんが夢中になって食いつく美味しさを実現しています。

カナガン

カナガンはイギリス産の新鮮なチキンの生肉など動物性たんぱく質を全体の60%も使用したプレミアムフードです。原材料は全て人間が食べられる品質にこだわっていて、無添加でしかもグレインフリーなので、犬にとってはまさに理想的なフードと言えます。世界的に動物愛護の国として知られるイギリスで80%以上のリピート率を誇り、多くの愛犬家から支持されています。

ネルソンズ

こちらはイギリスのトップブリーダーが自分の愛犬の健康を考えて開発したドッグフードで、合成添加物や肉の副産物、遺伝子組み換え食品などは一切使用していません。グレインフリーで新鮮なチキンを全体のおよそ半分も使用しているため、高たんぱく低炭水化物の理想的な栄養バランスになっています。良質なたんぱく質は筋肉や骨を発達させ、サーモンオイルは艶やかな毛並みを作りますので、ワンちゃんの健康維持はもちろん見た目の美しさにもこだわりたい飼い主さんにおすすめです。

-ドッグフード一覧

Copyright© わんわん部 , 2021 All Rights Reserved.