ドッグフード一覧

【安全性徹底分析】モッピープロのドッグフード

投稿日:

モッピープロはどんなドッグフード?

モッピープロ 成犬用

●ブリーダー専用の低価格フードを一般向けにも解禁!
●オーストラリア産の品質の高い原材料を使用し、日本で暮らすワンちゃん用に特別に開発されたフード
●魚油や菜種油などの良質なオイルで、ツヤのある美しい毛並みを作る

獣医師の先生による評価

モッピープロの評価:△

元々ブリーダー向けということで、大容量なのに低価格なのが魅力ですね。

室内飼育が多い日本のワンちゃん向けに低カロリーに仕上げており、天然成分で酸化を防止しているのがとても良いと思います。安いので穀物の割合が多くなってしまうのはある程度は仕方のないことですが、穀物の中でも小麦はアレルギーを起こしやすいので出来るなら避けたいところです。

モッピープロのドッグフード目次

1. モッピープロはこんなワンちゃんにオススメ!

もともとブリーダーさん用に販売されていたフードなので、とにかく値段が安いのが最大の魅力です。

大型犬や多頭飼いのご家庭にはもちろんですが、サイズが1.2㎏からありますので、量をそんなに多く食べない小型犬でも利用しやすいでしょう。保存料も危険な人工の酸化防止剤は使用せず、天然素材にこだわっています。年齢別にパピー、アダルト、シニアと体重管理用の4種類あり、犬種に合わせて大粒と小粒から選ぶことができます。

2. モッピープロの基本情報

【 1歳以上の成犬用レギュラーの場合 】

価格(税込) 1.2kg:1,341 円 / 2.5kg:1,933円 /
7.5kg:4,968円 (2.5㎏×3) / 15kg:6,475円(公式サイト)
1㎏あたりの価格 約432円~約1,118円
カロリー 320kcal/100g
メイン食材 小麦
生産国 オーストラリア
酸化防止剤 トコフェロール、ローズマリー抽出物
着色料・香料 不使用
穀物 小麦、米、コーングルテンミール
対応年齢 成犬(1歳~7歳)
賞味期限 パッケージに記載
開封後は、密封して冷暗所保存で1ヶ月以内に消費
購入できる場所 公式サイト ネットショップ ペットショップなど

3. モッピープロにはどんな成分が含まれているの?

第一主原料がアレルゲンになりやすい小麦というのはやや気になります。

家禽や動物性油脂という表記の仕方だと具体的に何が使われているのか分かりませんので、肉類にアレルギーがあるワンちゃんはアレルゲンの特定が難しくなり使用しづらいでしょう。家禽ダイジェストとは、チキンやターキーなどの肉を加熱や酵素を使って加水分解したもので、簡単にいうとチキンなどのエキスです。

これもどんな原料を使用しているのかはっきりしないので、やや不安が残ります。

3.1 モッピープロのドッグフード原材料

【 1歳以上の成犬用レギュラーの場合 】

◆ 主原料

小麦 ラム 家禽(チキン・ターキー等)
コブラミール 動物性油脂 コーングルテンミール

◆ 共通の原材料

菜種油 ひまわり油 魚油 亜麻仁油
ビタミン類※ ミネラル類※ ユッカフォーム抽出物 家禽ダイジェスト
酸化防止剤※

※ビタミン類:レチノール(A)、コレカルシフェロール(D3)、(E)、(K)、チアミン(B1)、 リボフラビン(B2)、ナイアシン(B3)、パントテン酸(B群)、ピリドキシン(B6)、(B12)、葉酸
※ミネラル類:銅、鉄、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン、カルシウム、リン、ナトリウム、カリウム、マグネシウム
※酸化防止剤:トコフェロール、ローズマリー抽出物

3.2 モッピープロのドッグフード成分

【 1歳以上の成犬用レギュラーの場合 】

たんぱく質 20%以上 水分 8%以下
脂質 12%以上 灰分 7%以下
粗繊維 3.5%以下
↓

おススメのドッグフードをチェック→

4. モッピープロはどんな効果が期待できるの?

●モッピープロは、長年数々のドッグフードを開発してきたオーストラリアの大学教授が開発したフードです。犬の健康を考えた栄養バランスになっているのはもちろんのこと、日本で暮らすワンちゃんに合わせて特別に作られています。オーストラリア産の食材に関する基準は、世界各国の中でもとりわけ厳しく、食品の安全性や衛生管理において正式に認証を受けた工場で製造しているため、非常に安全性の高いフードなのです。

●日本で暮らすワンちゃんは、生活環境から広いお散歩スペースを確保できず、運動不足になっていることが多いため、モッピープロはカロリーを低めに抑えています。成犬用のレギュラーでも100グラム当たり320キロカロリーと低カロリーですし、すでに肥満になっているワンちゃんには、100グラム当たり265キロカロリーのスーパーライトエナジーがおススメです。また、室内で飼育しているとトイレの臭いが気になるという方も多いと思いますが、ユッカフォーム抽出物にはうんちやおしっこの臭いの元に吸着して、臭いを軽減させる作用があります。

●モッピープロには、かゆみや湿疹など皮膚トラブルを改善する成分が配合されています。魚油や亜麻仁油には、オメガ3脂肪酸が豊富に含まれていて、皮膚を健康に保つ作用があります。ビタミンAは皮膚のターンオーバーを正常化し、フケなどを抑えてくれますし、リボフラビンやパントテン酸、ビオチンなども皮膚の健康に欠かせない成分です。これらの成分が相乗的に作用しあい、美しくツヤのある毛並みを作ってくれます。

5. モッピープロの口コミ

5.1 モッピープロ の良い口コミ

●これまで色々なフードを試してきましたが、納得できるものが無く諦めかけていました。こちらは製品の中身も申し分ないですし、お財布にも優しいです。うちの子たちも美味しそうに食べていて、いつも一番食欲がない子が一番先に食べ終わるので、驚いています。

●アレルギー検査をしたところ、モッピープロには愛犬のアレルギー食材が入ってなかったのでお試しを買ってみました。真空パックで新鮮ですし、においも悪くないです。食いつきもよく、フードボウルに入れはじめると、そばに来てソワソワします。10円玉くらいの大きな粒ですが、適度に歯ごたえもあっておいしそうに食べています。

5.2 モッピープロの悪い口コミ

毎回良く食いつきますが、以前より品質が落ちたのか季節柄なのか、同じ量を与えていてもちょっと痩せてきました。太らせるためにフードの量を増やすと、うんちの量も増えてしまうので、片付けるのが大変でした。

↓

おススメのドッグフードをチェック→

6. まとめ

小麦や家禽ダイジェストなどあまり好ましくない原材料が使用されているものの、この値段の安さはやはり魅力的です。合成の酸化防止剤は使用していませんので、お買い得だからと言って大容量サイズを買ってしまうと、1ヶ月以内に消費しきれずに酸化してしまうためご注意ください。

まだ利用したことがない方は、公式サイトから無料サンプルを請求できるようなので、興味があれば一度利用してみてはいかがでしょうか。

編集部オススメのドックフード

モグワン

こちらは、新鮮なチキンやサーモンの生肉など良質な動物性たんぱく質を全体の50%以上も使用しています。厳選した原材料を出来るだけ自然のまま使うことにこだわっていて、家庭で手作りするようなシンプルなレシピで仕上げています。添加物は一切使用せず、人工的な香料を使わなくても食欲をそそる香りがして、ワンちゃんが夢中になって食いつく美味しさを実現しています。

カナガン

カナガンはイギリス産の新鮮なチキンの生肉など動物性たんぱく質を全体の60%も使用したプレミアムフードです。原材料は全て人間が食べられる品質にこだわっていて、無添加でしかもグレインフリーなので、犬にとってはまさに理想的なフードと言えます。世界的に動物愛護の国として知られるイギリスで80%以上のリピート率を誇り、多くの愛犬家から支持されています。

ネルソンズ

こちらはイギリスのトップブリーダーが自分の愛犬の健康を考えて開発したドッグフードで、合成添加物や肉の副産物、遺伝子組み換え食品などは一切使用していません。グレインフリーで新鮮なチキンを全体のおよそ半分も使用しているため、高たんぱく低炭水化物の理想的な栄養バランスになっています。良質なたんぱく質は筋肉や骨を発達させ、サーモンオイルは艶やかな毛並みを作りますので、ワンちゃんの健康維持はもちろん見た目の美しさにもこだわりたい飼い主さんにおすすめです。

-ドッグフード一覧

Copyright© わんわん部 , 2021 All Rights Reserved.